エフゲニー・キーシン@ウィーン楽友協会

キーシンを聴きにウィーンに行ってきました。

昨シーズン病気でコンサートを1ヶ月以上キャンセルしたキーシン。
6月14日のハンブルグ公演をキャンセルしたと聞いてからは「また病気が長引くのか?」「そもそもキーシンの病気って何?」等と思い悩み、毎日楽友協会のサイトをチェックして「まだキャンセルって書いてない」「でもサイトが更新されてないだけかも」とイライラし、夫に「僕が病気になってもここまで心配してくれないよね」と拗ねられるほどでした。

6月18日、ウィーンに到着後すぐ楽友協会に行きました。
いつもは予約したチケットを開演直前に受け取り、そのまま会場に入るのですが、今回は演奏会があるのかどうか、いち早く確認したかったからです。

会場周辺のキーシンのポスターに何か貼ってある! やっぱりキャンセルや・・・

f0021504_5563669.jpg


・・・と落ち込んでいたら、夫が「チケット売り切れって書いてあるよ」と教えてくれました。ああ、ドイツ語勉強した方がいいですね・・・。

チケット売り場の人に「今日キーシン弾くんですか?」と聞いたら「大丈夫ですよ、2日前にウィーンに来て毎日リハーサルしています」とのお答え。
安心して全身の力が抜けました。

午後7時頃の楽友協会入口の様子。
f0021504_5575524.jpg


今回はやや後方の席でした。
f0021504_5582268.jpg


プログラムは4月の日本公演と同じ。(上のポスターとは少し違います)

プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」より 
         ジュリエット、マキューシオ、モンターギュ家とキャプレット家
       ピアノソナタ第8番

ショパン:幻想ポロネーズ
    マズルカ op.30-4, op41-4, op59-1
    エチュード op.10-1, 2, 3, 4, 12 op.25-5, 6, 11

キーシン登場。あれ?
パリ公演を聴かれたビズさんもおっしゃっていましたが、お辞儀の仕方が違うんです。
キーシンと言えば「どや!」と決めのポーズ→カックンとロボットみたいなお辞儀なのに、なんか普通にお辞儀してます。
なんでやろ? やっぱり体調悪くて「どや!」するのしんどいんやろか?

ロミジュリはもともとオケの曲ですが、キーシンの多彩な音色はオーケスラに比肩します。
そういえばキーシンってバレリーナと噂ありましたよねえ、やっぱりバレエ音楽が好きなのかな。

私は「予習」と称して少し前から家で今回のプログラムを弾いていました。
でも、どうしても好きになれなかったのがプロコのソナタ。
正確に言えば「好きになれない」のではなく「難しくて弾けないし、わけがわからない」のです。
「どうせ戦争ソナタ弾くんやったら6番か7番にしてくれたらよかったのに!」とキーシンを逆恨みするほどでした。

でも、実際に演奏を聴いて「ああ、わかった! そういうことやったんか!」と、何と言えばいいのでしょう、目の前で絡まった糸が解かれていくような、迷路の出口が開けるような、キーシンがこの曲の魅力を丁寧に解説してくれるようでした。
ああ、こんないい曲やったらもっとちゃんと練習しよ・・・ってやっぱり弾くの難しい~!
とにかく、私にとってはこの曲を聴けただけでウィーンに来た甲斐があったと思えるほど素晴らしい演奏でした。
会場からは割れんばかりの拍手と大歓声でした。


後半のショパンを聴きながら、ピアノの先生の「ショパンはメロディ自体がロマンティックだから過度なルバートは不要。ルバートし過ぎると下品になる。かといってかっちり弾いても味がない。とにかく楽譜通りに弾きなさい」とおっしゃる声が耳の奥に聞こえてきました。
私は特にop.30‐4のマズルカが大好きなのですが、絶妙のルバートにため息が出ました。

エチュードは前にアンコールでop.10‐4を聴いて以来(詳しくはこちら)、「キーシンのエチュードが聴きたい」と願っていた夢が一部叶いました。
なんで全曲弾いてくれへんの~? 
10-4を弾き終わった瞬間盛大な拍手が沸き起こりましたが、それよりも10-2やん!
10-2は半音階の練習曲で、派手さはないけれど弾くのはメチャメチャ難しいんですよ。
それと3度(25-6)! あんな流れるようなきれいな3度が聴けるなんて!
革命や木枯らしもいいけれど、半音階や3度の正確さ、美しさはもう何と表現していいかわかりません。

アンコールは

ショパン:ノクターンOp.48-2
プロコフィエフ:悪魔的暗示
シューベルト(リスト編曲):ウィーンの夜会第6番

でした。
ノクターンは何年か前にちょっとした集まりで弾いたことのある思い出の曲。
プロコの悪魔的暗示は日本のアンコールで弾いたと聞いてからずっと「キーシンの悪魔的暗示を聴きたい」と願っていた曲。
ウィーンの夜会はウィーンの聴衆へのプレゼントでしょうね。
どれも、あれだけのプログラムの後のアンコールとは思えない迫力と繊細さを兼ね備えた見事な演奏でした。


さて、ここからミーハー炸裂です。
演奏の後楽屋にお邪魔しました。
リサイタルが終わったのが10時頃だったので家路を急ぐ人が多く、楽屋前には40人程のファンがいました。
「サイン会」のような流れ作業とは違い、キーシンはファン一人一人に丁寧に応対します。
私の番になって、「素晴らしい演奏を聴かせて下さってありがとうございました」と言ったら、キーシン何と答えたと思います?
「Thank you for coming」ですよ、来てくれてありがとうって、いや~ん、なんて謙虚なの!
キー様にお礼を言われるなんてね~♪

「来年ハンガリーで演奏されますね?」
「はい、2010年11月17日にブダペストで演奏します」(すごい記憶力!)
「ブダペストにいらっしゃるのを楽しみにしています」と言ったらじっと私の顔を見て「前にもあなたとお話したことがありますね」(すごい記憶力!!)
「はい、あの時(詳しくはこちら)はハンガリーで演奏の予定はないとおっしゃっていましたが、やっとハンガリーに来て下さることになって本当に嬉しいです」と言いながらも「うわ~、キーシン私のこと覚えてくれてはったんや~!」とドキドキして「私は日本人ですがハンガリーに住んでいます」とか、一人でハイになって喋っていたら「4月に日本で演奏しました」とキー様。
「日本の友達が皆キーシンさんの演奏は素晴らしかったと言っていました。だから今日をとても楽しみにしていたんです。ハンブルグをキャンセルしたと聞いて心配していました・・・あ、サインをお願いできますか?」とプロコのCDを差し出すと・・・

f0021504_5592947.jpg


噂のカタカナサインを頂きました。キー様、「エフゲニー」も練習しませんか?(笑) 

それと・・・実はキー様とツーショットの写真も撮ったんです。一生の宝やわ~♪
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-21 06:04 | 音楽 | Comments(42)
Commented by じゅんこ at 2009-06-21 08:46 x
わおキーシン!!
私のかつての先生は「ショパンを弾くときはモーツアルトを思いモーツアルトを弾くときはショパンを思うといいよ」と教えて下さいました。
幻想ポロネーズ大好きなんです。聴きたいです。

キーちゃんと言えばあのロボットお辞儀なのにね。どうしたんだろ?

んで・・・トラの話題はナシですね。借金10とか・・・
Commented by humika at 2009-06-21 10:58 x
楽友協会のコンサートも素晴らしかったみたいでよかったです♪
あとサインもお写真も宝物ですね!

ショパンのエチュードOp.10-4や革命などの後に大阪でも拍手がありました。キーシン少し笑っていましたが私もできればOp.10-2,Op.25-6の後に拍手がほしかったです。

あとキーシンファンサイトballade2のウィーン公演の写真を見て青白いお顔とますます痩せていたのには私も驚きました!まだ体調はよくなられていないのでしょうか・・・。記事(教えて頂いたHamburgの)には風邪などと書いてありましたが。。

サイン会は流れ作業ではないのが羨ましいです!昨晩ウィーンから電話してきた友人も「キーシン」サイン貰った♪と喜んでいました。ただやはりキーシンはお疲れだったのか勘違いしたのか友人と一緒にいたオーストリア人ファンのプログラムにも日本語で「キーシン」と書いてしまい「これは何と読むの?」とびっくりしていたらしいです(笑)。

来年はブダペストでも演奏会があるのですね☆
オーストリア&ドイツでは今年ほどコンサートもないみたいですし
どうしようか考え中です。。。
Commented by マーシャ at 2009-06-21 11:15 x
初めまして!^^
以前より時折拝見させて頂いていました。
ワタシはトラファンではありませんが、主人と父母、特に父が
熱烈でゴザイマス。
そして、アンチラビットでもあります。
トラが負けた時とラビットが勝ったときは機嫌が悪いです^^;;

そんなわけで、ワタシ自身は元々野球にはあまり興味はないのですが、
勝敗だけはチェック~です。
あ、ちなみに関西在住やねんデス^^

今回、キーシンの記事を読みすすむうち、CDのサインに思わず
目が点になりました@@
カタカナ、うわさがあったんですね。ちっとも存知ませんでした^^;

日本のファンにはカタカナ、ウィーンのファンには“ウィーンの夜会”、
すごくファンを大切にされる方なんですね♪

コンサートレポ有難うございます。
同じ臨場感を味わわせて頂きました。
次回の日本は必ず~と思っています。

又、お邪魔させて下さいね。
Commented by たーさん at 2009-06-21 12:00 x
うわー!よかったですねぇ!!
2日前から毎日リハーサルしてたなんて、やはりキーちゃんは素晴らしい!
聴くだけの私たちとは違って、弾かれる方はさらにその演奏のすごさがわかるのでしょうねー。
キーシンを見ていると演奏ももちろんですが、常に全力投球なその姿勢に感動します。

そういえばプロコのコンチェルト、youtubeでまだおチビのキーシンが弾いていたのを見ましたが、今の演奏と比べて全然迫力が違いますね。
経験と努力、そしてガタイがよくなったぶん(笑)、今の方がやはりすばらしい演奏ですね。これからも進化していってほしいキーシンです!

いやーん、それにしてもバラードさん、キーちゃんに覚えてもらってるなんてー!いいなーいいなー。
日本のファン代表として、ぜひこれからもがんがんキーちゃんにアピールし続けてください!(何を?)
カタカナサイン、うれしいですねー。忙しい中、練習されたんでしょうね。わはは。ツーショット写真、見せてくださいよー・笑

Commented by よし at 2009-06-21 17:46 x
バラードさん
ウィーンでキーシンが聴けてサインを貰ってその上ツーショットとはスゴイ!
しかしキーシンって真面目な性格なんですね。
おまけに今日はトラが勝ってラビットが負けですよ。
ブラゼルも得点に加担するし広大に当たりが出てきたのがうれしい!
Commented by bbwan at 2009-06-21 18:05
バラードさんやりましたね!! ウィーンでコンサートが聴けて、そのうえおしゃべりできて、覚えてくれていて、サインがカタカナサインなんてね! キーシンがバレリーナとつきあっていたっていう噂があるんですか? 私もチェコにいたときバレエダンサーのおっかけしてたのでわかりますが、バレリーナと音楽家という組み合わせ、(特に男性が演奏者)ありですね〜。でもそれって素敵なことですよね。 プロコフィエフの演奏で私にはダンスの情景が浮かんできます。 一緒の写真は宝物ですね。
Commented by がんまどき at 2009-06-21 19:18 x
 少しハラハラ・ドキドキのコンサートでしたね!
 でも演奏会が実現され、大変よかったですね。
 楽屋まで押しかけるとは…(^^; 相当な熱の入れようですな~(^^;

 日本でも、先日全盲のピアニスト:辻井伸行さんが、米国バン・クライバン国際ピアノコンクールに優勝され、国内コンサートチケット入手がEXCILEやドリカム以上に困難とのこと…?

 しかし“天才”といわれるピアニストさん達の演奏を、私も一度は生で鑑賞してみたいな~…と思う、今日この頃です。
Commented by 実愛 at 2009-06-21 21:13 x
キーシンがバラードさんのことを覚えているだなんて素敵です♡
カタカナサインは他の方のブログでも見たことがありますが
何とも温かい気分になれるサインですよね♪
来年も楽しみですね(*^-^*)
ショパンは楽譜通りに・・・目からうろこでした!勉強になりました☆
Commented by まつとも at 2009-06-22 00:39 x
ハンガリーからウィーンって、どういうふうに離れているんだっけ?と
世界地図を探したけど見当たらず・・・
また明日落ち着いて見てみます(笑)  
私は音楽のことはよくわからないけど
とにかく、バラードさんの日記から感激度がすごく伝わってきて
私まで嬉しくなったので、コメントしてしまいました(^^)v
それと、いつも最後にあるトラコーナーが今日は無かったので
とにかくバラードさんの頭の中は今はキーシンさんで埋め尽くされているのだと、思った次第ですw
Commented by Melody♪ at 2009-06-22 01:24 x
キーシン、体調が戻って良かったですね。プロコフィエフって普段、あえて聞こうとは思わないけれど、あらためてすっごい人に聞かされると、びっくりする音楽かもしれませんよね。
それにしても、演奏をした後にも、心遣いの出来る素晴らしい人ですね。
ハンガリーでの演奏が楽しみですね~!
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:46
じゅんこさん
先生のお言葉は真理をついていますね。これからショパンを弾く時はモーツァルトを思いながら弾くことにします。
あ、私ったら本文で幻ポロに触れるの忘れてました!
当然ですが素晴らしい演奏でした。
「キーシンならこう弾くだろう」と私なりに想像していたのですが、想像通りで、かつ想像を上回る(変な日本語ですみません)名演でした。
オーソドックスで品があって、とても自然で無駄な力が入ってなくて、それと同時に迫力もあって・・・一体どう弾けばあんな音が出せるんでしょう。
例のお辞儀がなかったのは、やはり体調が万全ではなかったからでしょうね。プロ中のプロだから演奏には全く不調を感じさせませんでしたけど。

トラは・・・一応借金一桁に減ったみたいですが・・・。(泣)
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:47
humikaさん
サインも写真も宝物です。そして何よりあのプロコのソナタが聴けたのが一生の宝物です。本当に素晴らしかったです♪

ballade2は私もチェックしています。ウィーン公演の写真をアップしたのは私のすぐ前に並んでいた方のようです。写真を見てびっくりしました。
実は順番を待つ間も、キーシンの青白い顔と疲れきった表情を見てサインをお願いするのは申し訳ないような気持ちになったほどです。
楽屋でお見かけしたカントール先生は元気溌剌のご様子で、キャンセルの理由はもしかして先生の身に何かあったのかも、と勝手に心配していたのですが全く関係ないようでした。

しかしキー様、オーストリア人にカタカナでサインするなんて、ええボケかましてますなあ。(笑)
ファンサイトには2010年サバティカル説も書いてありましたが、私は是非キーシンにはサバティカルを取っていただき、この機会にフランス物もレパートリーに入れて頂きたい(パリにお住まいだそうですし)と願っています。
キーシンの「夜のガスパール」聴いてみたいと思いませんか?
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:48
マーシャさん
はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
関西在住、トラファンでアンチラビットファンのご両親に育てられた方なら大歓迎ですよ~!
興味がないなどとおっしゃらず、トラをよろしくお願いします。

キーシンのカタカナサインは、キーシンファンの方のブログで何度か目にしたことがあって、「日本語でサインして下さい」とお願いしようかなと思っていたら、頼む前にキーシンが書いて下さいました。
「どんな書き順やろ?」と気になって凝視してたんですけど(笑)、ちゃんと正しい書き順でした。
最後に「スパシーバ」とロシア語でお礼を言ったら「どういたしまして」と日本語で返されました。「発音完璧ですね」と言ったらニヤリと笑ってましたよ。なかなか面白い方です。ますますファンになりました♪

また遊びに来て下さいね。これからもよろしくお願いします。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:48
たーさんさん
「どや!」は見られなかったんですけど、演奏が聴けて本当によかったです♪
キーシンって、どこで演奏する時も本番2日前には現地入りして会場のホールで綿密なリハーサルをするそうですよ。
会場毎に異なる響きに対応するためだそうです。
あの素晴らしい演奏の裏にはそういう努力の積み重ねがあるんですね♪

キーシンが覚えていてくれたのは嬉しいんですけど、前回のハンガリーに来て攻撃が相当“大阪のおばちゃん”丸出しで「うわっ、なんやこのオバハン!」と思われたからかも~。(笑)
ツーショット写真は恥ずかしいので載せられませんが(こんなオバハンの顔載せたらウィルス反応しますよ~!)、最初私はキーシンの隣にちょっと離れて立ったんですけど、「もっと近くへ」と肩を抱き寄せられて密着したんですよ~~~♪
あの服洗わんとこ。(アホ)
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:49
よし さん
>ウィーンでキーシンが聴けてサインを貰ってその上ツーショットとはスゴイ!

そうなんですよ、すごいでしょう!!
これも「トラが連敗しても文句言いません」と神様にお願いしたからですね。
あ、でも私は「文句言いません」とお願いしただけで「連敗してもいい」とは一言も言ってないんですけど、トラさんは何か勘違いしたみたいですねえ・・・。
まあ交流戦の最後は勝ったし、ブラゼルはバースの再来やし、広大も頑張ってるし、これからですよ、こ・れ・か・ら!
見とれよウサギ~~~!
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:49
bbwanさん
ああ~、もうこんな幸せでいいの私? と何度も何度も言って夫に呆れられています。
キーシンとバレリーナの噂ですが、キーシンがマリインスキー・バレエのアリーナ・ソーモアの舞台をよく観に行っているそうで、二人が付き合っているような話も聞きました。
でも、バレエを観に行く時もママと先生が同行するようだし、付き合うというより芸術家同志お互いを尊敬し合っているとか、お互いのファンだというのが正しいような気もします。
キーシンの演奏は素晴らしいけど、ちょっと優等生過ぎる気がすることもあるし、ママ&先生から離れて派手に女遊びすればいいと思うんですけどねえ~。
ドロドロの恋愛を経験したキーシンの演奏を聴いてみたいです。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:50
がんまどきさん
実際にステージにキーシンが登場するまでは「キーシンほんまに弾くんやろか?」と心配でした。
無事に登場して嬉しい限り。嬉しさのあまり興奮して楽屋にお邪魔してきました。
昔からのミーハーはこの歳になっても治らないようです。

辻井さんって2005年のショパンコンクールにも出場されてましたね。
全盲のピアニストと言えば私は梯剛之さんの演奏が大好きです。彼は「全盲」を売りにせず「ピアニスト」として活躍されていますよ。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:50
実愛さん
覚えていて下さったのは嬉しいのですが「ウィーンにはハンガリーから来たアジア人の怖いオバサンがいる」とインプットされているんじゃないかと心配で・・・。(笑)
カタカナサインはこちらからお願いする前にキーシンが書いて下さいました。嬉しかったです。
来年のブダペスト公演が楽しみです♪  ああ、でもまだ1年以上ある~~~!
ショパンは無理に表情をつけようとすると「やり過ぎ」になってしまうし、かといって無表情だと面白くないし、難しいですね。
キーシンのショパンは実に自然な息遣いが素晴らしかったです。どうしてあんな風に弾けるんでしょう?
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:51
まつとも さん
ブダペスト~ウィーン間は列車で約3時間です。日帰りも出来る距離ですよ。
昔、まだハンガリーが社会主義国だった頃はよくウィーンに買出しに行ってました。
日用品もハンガリーは品薄で困ったんですよ。
今はコンサートを聴きにウィーンへ・・・贅沢になったものです。

トラ話も書きたかったんですけど、明るいネタがなかったので・・・。(泣)
交流戦最終戦は勝ったし、これからですよ~~~!
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-22 04:51
Melody♪さん
体調が戻ったといっても顔色は悪いし「どや!」はないし、万全ではなかったようです。
でも演奏のレベルは高くて、もしハンブルグのキャンセルのことを知らないで聴いたとしたら、彼が病気だったなんて絶対に気がつかなかったと思います。
プロコフィエフは大好きなんです。うちの犬もプロコ大好き犬だったし。
ソナタ8番はそうでもなかったんですけど(笑)、今回の演奏を聴いて大好きになりました。
キーシンがファンを大切にする姿勢は演奏にも表れますね。演奏を聴くととても幸せな気持ちになれます。
来年11月が待ち遠しいです。早くブダペストに来てほしい~~~!
Commented by omuroninnnaji at 2009-06-22 07:45
おはようございます
今朝は雷雨で、ウォーキング中止でした
ハンガリーは梅雨はないでしょうね?
Commented by さっちん at 2009-06-22 16:46 x
ご主人、拗ねられたの?
実際覗いていたわけではないけど、何となく想像出来ちゃうわ~(笑)

演奏、凄かったんだね!
いい音楽をたくさんシャワーのように浴びた感じなんでしょうね。
それと、興奮されていたのが文にも滲み出ているやん!
それに加えて、ツーショット写真だなんて。
「羨ましい」の一言につきます。

い・い・なぁ~!!!
Commented by Tama at 2009-06-22 20:44 x
コンサートキャンセルじゃなくてホントに良かったですね!
音楽は好きなのですが、全く詳しくなく???の世界なのだけれども、こう、バラードさんの記事を読んでると、楽しそうだなぁ!!何か聞きに行こうかなぁ!!って思えてきました(笑)
Commented by みゅうたん at 2009-06-22 21:22 x
いいないいな^^キーシンのサイン!!うわさのカタカナって本当だったんですね(笑)私は名古屋講演見てきました。プロコのソナタは、ずっと頭かたむけながら聞いてました・・理解できなかったです。
勉強不足・・。また勉強しなきゃ^^
キーシンとしゃべったんですね~いいなぁ^^
Commented by pippiwanwan at 2009-06-22 22:31 x
本当に素晴らしいコンサートそしてプラスアルファだったんですね~。
昨晩寝る直前に拝見し、balladeさんの興奮っぷりが私にも伝染し、長い時間眠れませんでしたヨ。本当に良かったですね!!
しかし、プロコのソナタを聴いて、そのような感想、いや、啓示を受けられたなんて、本当にすごいです。予習をされた努力の賜物ですね。
まさに、キーシンとの目に見えない交信があったんですね。鳥肌モノです。
ところで、「キーシン」サイン、以前たーさんという方がコメントされてた、あの「カンチョー」キーシンの写真に、してもらったんですねぇ。
Commented by チワ氏 at 2009-06-23 00:36 x
私もウィーンのキーシンを聞きました。私自身は2回のバルコニー中央だったのですが、前半のプロコフィエフは何故かパラパラと空席が見えて、キーシンのショパン目当てなのだなぁと思ったら、その通りでした。
プロコのソナタは私には少し難しかったのですが、その多彩な音のテクニックにくらくらしました。
ショパンのエチュードはほぼ同じ選曲のポリーニのCDを持っていて愛聴しています。ポリーニはラテンの血を滾らせテクニック全開の演奏が小気味よいのですが、キーシンのロマンティシズムは全く別のショパンを見せてくれました。途中で拍手が入ってしまったのはご愛嬌でしょうか。いつもはおとなしくてお行儀のいいオーストリア人が総立ちと言うのも珍しい光景でした。
なお、中央バルコニーは演奏と観客が盛り上がれば盛り上がるほど暑苦しく、一緒に行った息子とげんなりしてしまいましたので、夏にウィーンの楽友協会にいらっしゃる方がいれば、ぜひ平土間かサイドのバルコニーをお勧めします。
PS.ウィーンではサイン会がないのだと思っていました。(でも子供が翌日学校なので行けなかったかな…)キーシンとお話して、カタカナのサインも戴いて、本当に良かったですね。
Commented by humika at 2009-06-23 01:55 x
キーシンの「夜のガスパール」聴いてみたいです!!難曲ですが
キーシンになら誰よりも美しく素晴らしい演奏ができるかもしれません。。。ちなみにポゴレリッチ!彼の演奏も素敵です♪

カントール先生お元気なのですね!教えてくださってありがとうございます。できればまたコンサートなどでお会いしたいと思っています。

サバティカル説は本当かもしれませんね。コンサート少ない?ですし・・・いろいろと体調不良のことまで記事に書かれています。←
(だからドイツは来年演奏会なしなのかしら・・・と思ったほど)
友人とまた元気になってふっくらとしたキーシンに会いたいねなどと話したりしています☆

Commented by ballade4fmoll at 2009-06-23 04:17
omuroninnnajiさん
ハンガリーは梅雨はないけど、今週一週間はずっと雨模様らしいです。
急に気温も下がって風邪ひきそう・・・。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-23 04:17
さっちんさん

そう、拗ねたの、あのいかつい顔とでかい体で。(笑)
「○○ちゃん(←自分のことをちゃん付け!)が熱出しても全然心配してくれなかったのに」と、実は36.8℃だったことは棚に上げてうるさかったです。

演奏は本当に音楽のシャワーを全身に浴びたような感じで、今も思い出してはボーっとして、なかなか現実の世界に戻れません。
仕事も今日は段取りが悪くて進まなかったよ~。

そうそう、同僚にツーショットの写真を見せたら、「誰これ? 変な髪形!」と吐き捨てるように言われました。
私達はキーシンはああいう髪型だと見慣れているけど、知らない人が見たら確かにびっくりするかもね。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-23 04:17
Tamaさん
本当によかったです。もしキャンセルだったら今頃落ち込んで何も手につかなかったと思います。
実はコンサートを聴いて以来感動のあまり何も手につかないんですけどね。

>何か聞きに行こうかなぁ!!って思えてきました(笑)
行きましょう、行きましょう! 近いうちにコンサートにお誘いしますね♪
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-23 04:20
みゅうたんさん
カタカナサインは珍しいみたいですね。日本でもローマ字でサインするのでしょうか?
全員にカタカナサインだと疲れそうですね。
プロコのソナタは予習していかなかったら多分私も頭の中が「???」で終わっていたと思います。
6番や7番は馴染みやすいけど8番ってとっつきにくい曲ですね。
キーシンって受け答えが時々ワンテンポずれる時がありますけど、お話好きな方みたいですよ。
それと、話す時に全く緊張しませんでしたよ。人を和ませるオーラを放ってらっしゃいました。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-23 04:21
pippiwanwanさん
素晴らしかった、その一言に尽きます。
実はキャンセルの話を聞いて、「ウィーンもキャンセルかも」と心配になったのと同時に「仮にウィーンで弾いたとしても病み上がりであまりいい出来ではないかも」とも一抹の不安を感じたのですが、天下のキーシン様に対してそんなことを一瞬でも考えた自分が恥ずかしいです。
プロコのソナタは、家で弾いても(実際は譜面を見ていただけでほとんど弾けませんでしたが)さっぱり意味がわからず、ただ音符がずらっと並んでいるだけだったのが、キーシンの演奏を聴いて音符が生き生きと動き出したような感じでした。
「キーシンとの目に見えない交信」だなんて畏れ多いですが、ソナタの演奏中は心臓がドキドキして体が震えて、このまま死んでしまうかもと思ったほどです。

で、サインは私は表紙にお願いしたのに、キー様はスペースが少ないと思ったのかひっくり返して「カンチョー」にサインして下さいました。
今度どなたかキーシンに「これは日本では『カンチョー』でっせ」と教えてあげて下さい。(笑)
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-23 04:21
チワ氏さん
同じ会場にいたのですね! 2階バルコニー席が一番音響がいいと思うのですが、私はなかなか入手できません。
ウィーンに住んでいれば定期を買うんですけど、単発チケットだと難しいですね、大抵売り切れています。
夏は暑いのですね。貴重な情報をありがとうございました。夏に行く時は平土間席後方を取ります。
(今回も平土間後方でしたが音響はよかったです)

>キーシンのショパン目当て
確かに。でも私はキーシンのショパンは確かに素晴らしいけど、何となくどういう風に弾くか予想出来るし、それよりはプロコフィエフの方が彼には合っているように思います。
最近昔の演奏をYouTubeで観たのですが(東京で弾いたプロコの6番)、とても10代の少年が弾いているとは思えないすごい完成度でした。
ああ、なぜあの頃聴かず嫌いだったんだろう、と自分が恨めしいです。

ポリーニのエチュードは私もLPの時代から愛聴しています。演奏のタイプは全く違いますが、キーシンの演奏はポリーニの完成度に匹敵しますね。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-23 04:23
humikaさん
キーシンの「夜のガスパール」聴きたいですよね~♪
オンディーヌの冒頭をどう弾くのか、あの美音とテクニックで冒頭の数小節を聴いただけで感動で気絶しそうです。
ポゴレリッチの「夜のガスパール」は初来日(もしかしたら2回目の来日だったかも?)で実演を聴いて身動きが出来ませんでした。絶品ですね!
私の勝手な想像ですが、ポゴはスカルボ、キーシンはオンディーヌで本領発揮するように思います。

サバティカル実現させてほしいですね。
かなりお疲れのようですし、もし体調が悪いのであれば完全に治してもらって、ルービンシュタインみたいに息の長い演奏活動を続けてほしいです。
Commented by チワ氏 at 2009-06-23 21:55 x
丁寧にコメントいただいてありがとうございます。
2階バルコニーはオーケストラにはいいかもしれませんが、キーシンのピアノ「ライブ」と認識している私には少し物足りなく感じました。
キーシンはショパンに限らず、不自然な緩急をつけたりテクニックだけで弾いたりせず、どれもとてもロマンチックに思います。ただ、同様にプロコフィエフの方がキーシンには合っていたと思います。(興行的にはショパン有りの方がいいのでしょうが…)
キーシンが始めて日本に来たとき、日本では折からショパンコンクールで優勝したブーニンがブームで、またも「ソ連」から天才少年!と言う雰囲気が大きかったように思います。私もどうしてもっと早くからキーシンをちゃんと聴いておかなかったのだろうと大変悔やんでいます。
ハンガリーも寒い6月と思いますが、どうぞご自愛ください。
Commented by みゅうたん at 2009-06-23 23:03 x
キーシンの夜のガスパール、スカルボ聞いてみたいです~☆
私も、実は卒業演奏会で夜のガスパール、水の精&スカルボ弾きました。連打がいまだに苦労して・・。あれはジャズですね^^
休符を感じるのが難しい。
 そういえば、キーシンのプロコのCD出たんですよね!??
まだ買っていないけれど、、皆さん購入しました??
また感想などきかせていただけると参考になります。

 ※バラードさんへ
  ここのブログリンクはらせてもらってもよいでしょうか??
 私のブログは、ほとんど違う内容ですが・・。
ここのブログ見てるの好きなんで^^
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-24 16:58
チワ氏さん
何年か前にキーシンのお母さんと先生の隣の席に座ったことがあります。
平土間中央前ブロック後方で、ピアノの音が直接聴こえると同時に会場全体に響き渡る音も聴こえ、おそらくあの辺がキーシンを聴くには最適なのでしょうね。
今回は前ブロックが売り切れていたので後ブロックの真ん中辺りで聴きました。
ブーニンブームはよく覚えていますよ。
ショパンコンクールのドキュメントで、ブーニンが猫のワルツをものすごく高速で弾くのを聴いて苦手意識を持ち、キーシンもブーニン同様に「すごいテクニック」のピアノロボットみたいな人だと勝手に決め付けてずっと聴かず嫌いでした。
変な先入観にとらわれなければよかった・・・とずっと後悔しています。
ウィーンも寒いですか? こちらは最高気温が20度以下の、6月とは信じられないお天気が続いています。
お互い体調を崩さないように気をつけましょうね。
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-24 16:58
みゅうたんさん
卒演で夜のガスパールを演奏なさったなんてすごいですね!!!
確かにあれはジャズですね~。
オンディーヌの冒頭、楽譜を見て気絶しました・・・こんなん、どうやって弾くねん!
プロコのCDは買ったものの、まだウィーンで聴いた音が頭の中に残っていてCDを聴く心の準備が出来ていません。
週末にゆっくり聴くつもりなので、また感想を書きますね。
それからリンクはどうぞご自由に。
みゅうたんさんのブログのアドレスを教えていただければこちらからもリンク致しますので、よろしくお願いします。
Commented by みゅうたん at 2009-06-25 08:34 x
お返事ありがとうございます^^
夜のガスパールは、選曲した時に先生に嫌な顔されてしまいました(笑)私はいつも技術の足りないのに、難曲ばかり選んでしまうそうです。スカルボの後半の部分が好きです☆
水の精の方が、私の演奏はマシだったそうです(笑)性格的にフワフワ系なので><。。
連打は、指を鍵盤の近くでトントンって置くようにしたり、指使いは
1-3とか左で補ったりなどです。
 私のブログのURLです↓全然、関係のないゲームのことをほとんど書いていますが、『ピアノ日記』というところに、ピアノ日記をたまに書いています^^
 よかったらどうぞ!!よろしくお願いします


http://eriko290.blog42.fc2.com/
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-26 03:20
みゅうたんさん
リンクありがとうございました。
こちらからもリンクさせていただきました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
ゲームがお好きなんですね! うちの夫もゲーマーです。
彼はXbox360派なんですよ。
私はゲームはちょっと苦手でぷよぷよしかできません。
夜のガスパール、楽譜屋さんで見ただけですが、冒頭の部分で気絶しそうになりました。
あれが弾けるなんてすごいです~! いつか聴かせて下さいね。
Commented by みゅうたん at 2009-06-27 22:07 x
はい^^街へいこうよどうぶつの森のヲタです(笑)
Xboxは即売っちゃいました。
ガスパールは、かなりごまかしで弾きましたよ(笑)
ラヴェルはけっこう、ペダルでぼや~っとぼやかしたりして、自分の技術をごましたり??(笑)していますよ。
なので、逆にモーツアルトとか弾けないんですよ・。はははっ。^0^
 そういえば、最近リストのスペイン狂詩曲を譜読みしていたんですけど、腱鞘炎に2日なりました・・・(泣)また難しい曲を・・(反省) 
 でも他にも、ゲームやボサノバも気分転換にひいてますよ~。
リンクありがとうございます。
ここのブログとは比較にならないほど、遊びのブログですが・・・。
嬉しいです。たまにピアノ日記も書いてたりしますんで、よければ暇つぶしにでもどうぞです☆
Commented by ballade4fmoll at 2009-06-28 03:17
みゅうたんさん
>Xboxは即売っちゃいました。
うわっ! これ夫に言ったら卒倒すると思います。(笑)
モーツァルトは難しいですねえ。
私はここ数年ハイドンがお気に入りなのですが、ハイドンも難しいです。
カチッと弾く曲は難しい~!
かえってリストの方が楽な気がします、ごまかしがきくし。(おいおい!)
私はド素人で、音楽について好き勝手なこと書いてますので、何か気付いたことがあれば教えて下さいね。


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

暑い~!
at 2017-06-13 21:10
こんなん売ってた…けどどない..
at 2017-06-07 02:58
パユ様
at 2017-06-01 00:13
ハチャトゥリアンのヴァイオリ..
at 2017-05-17 00:54
最近観た映画
at 2017-05-15 21:09

最新のコメント

> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:11
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:09
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 18:42
赤白緑さま  連続して..
by Yozakura at 10:59
赤白緑さま  1ヶ月遅..
by Yozakura at 10:37
赤白緑さま  無沙..
by Yozakura at 10:06

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧