Da Capo 2011

11月9日(月)に聴いたコンサートについて書きます。

2009. november 9., hétfő 19:30  Zeneakadémia
Da Capo 2011
Szokolay Balázs (zongora) és barátainak hangversenye Haydn halálának és Mendelssohn születésének 200. évfordulója alkalmából
ソコライ・バラージュ(ピアノ)と仲間達
ハイドン没後200年、及びメンデルスゾーン生誕200年記念コンサート

Rohmann Imre, Szőke Diána (zongora) ローマン・イムレ、スーケ・ディアーナ(ピアノ)
Halmai Katalin (ének) ハルマイ・カタリン(歌)
Baráti Kristóf (hegedű) バラーティ・クリシュトーフ(ヴァイオリン)
Várdai István (gordonka) ヴァールダイ・イシュトヴァーン(チェロ)

HAYDN: ハイドン
 C-dúr szonáta, Hob. XVI:48 ソナタ Hob. XVI:48
 Két dal 歌曲2曲 (The Spirit's Song, Piercing Eyes)

MOZART: モーツァルト
 G-dúr négykezes szonáta, K. 357 4手のためのソナタ K. 357

BACH: バッハ
 c-moll versenymű két zongorára, 2台のピアノのための協奏曲  BWV 1060

MENDELSSOHN: メンデルスゾーン
 e-moll prelúdium és fúga, op. 35/1 プレリュードとフーガ op. 35/1
 Két dal 歌曲2曲 (Der Mond, Neue Liebe)
 d-moll trió, op. 49 ピアノトリオ op. 49

ファンの方が読んでいらしたら申し訳ないのですが、私はソコライのピアノがどうも苦手です。
この日のコンサートではソロあり、歌の伴奏あり、連弾あり、コンチェルトあり、室内楽ありで八面六臂の活躍で、えらいなあ~とは思ったもののやっぱり苦手を克服することが出来ませんでした。

そんな苦手な人の演奏会になんで行ったん?

そら最後のトリオ聴きたいですやん!
バラーティ・クリシュトーフとヴァールダイ・イシュトヴァーンの共演は聴かな!


そんなわけでトリオについてだけ書きます。

ヴァールダイ君のチェロを初めて聴いたのが約1ヶ月前。(こちら
品のある音楽作りが大変素晴らしく、特にバラーティとのドッペル(ブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲)の演奏は二人の息がぴったり合って、二人とも超絶技巧を持ちながらそれをひけらかさない音楽作りが似ていて、大変感動しました。

この日のトリオも、バラーティの音楽に一生懸命くらいついていくヴァールダイ君の一途な気持ちが伝わってきて感動的でした。
なんかねえ、アニキと新井ちゃんみたいでしたよ。
この二人のコンビはいいですね。
12月にまたブラームスのドッペルを共演するらしいので必ず聴きたいと思います。

さて、リスト音楽院は今月末から約2年間改修工事に入ります。
今回のタイトルDa Capo 2011は11月3日~9日の一連のコンサートに付けられたサブタイトル。
工事完了の2011年にまた会いましょう、ということですね。
私にとっては9日のコンサートが工事前の最後のコンサート、メンデルスゾーンのピアノトリオがここで聴く最後の曲でした。

ハンガリーに来てからリスト音楽院には数え切れないほど足を運びました。
ここの2階席の音響は実に素晴らしいです。

大好きな2階席への入口。
f0021504_4424631.jpg
f0021504_4431375.jpg


2階ロビーの絵とクローク。
f0021504_4444146.jpg
f0021504_445756.jpg


2階への階段踊り場の窓と入口横の柱。
f0021504_4465182.jpgf0021504_4471242.jpg
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-11-11 04:48 | 音楽、観劇 | Comments(6)
Commented by omuroninnnaji at 2009-11-11 07:45
荘厳ですね
藤本もFAで、さびしくなるね
Commented by bbwan at 2009-11-11 18:09
こんな風にコンサートのことを書いてくださると、私みたいな素人でも
わかりやすいです。 ありがとうございました。
先日関西チェコスロバキア協会の集まりに参加したら、ハンガリー語の一人者岡本先生のレクチャーがありました。 私もいっちょまえに、ハンガリーのワインのことなどをのべさせていただきました。 へへへ
Commented by がんもどき at 2009-11-11 21:00 x
 ヨーロッパのコンサート会場は、日本のそれにはない重厚さがありますね!
 こんな立派なトコロでお好きな音楽が鑑賞できるとは…羨ましい限りです(^^

 ハイドンが亡くなった年に、メンデルスゾーンが生まれたんですね! しかし、バラードさん物知りやなぁ~。
 私は、今年がF.タレガ(ギタリスト&作曲家)没後100年…ぐらいしか思いつかんかった。(^^;
 そーいえば、私たちが大学4年の時が大バッハ生誕300年やったことを覚えてます?
 当時オレは、高瀬川沿いの今は亡き“みゅーず”で、講義サボってバッハをリクエストしてたな~(^^;
Commented by ballade4fmoll at 2009-11-12 03:54
omuroninnnajiさん
えー? 藤本FAするの?
寂しいよぉ・・・(泣)
Commented by ballade4fmoll at 2009-11-12 04:04
bbwanさん
関西チェコスロバキア協会というのがあるんですね!
bbwanさんは帰国後もチェコとの関係を大切にされていて素晴らしいと思います。
ワインのレクチャーをされたのですか? すごいですね。いつか私もお話を伺いたいです。
(ハンガリーに住んではいるものの、下戸なのでワインのこと全然知らないんです、お恥ずかしい)
Commented by ballade4fmoll at 2009-11-12 04:04
がんもどきさん
ブダペストは一応オーストリア・ハンガリー帝国の首都でしたからね。
(一応なんて言ったらハンガリー人に怒られそう)
重厚な建物がたくさん残っていますよ。

>バラードさん物知りやなぁ~。

いえいえ、プログラムに書いてあったんです。
来年はショパンとシューマン、再来年はリスト生誕200年です。
同時期に天才が次々と生まれたんですね♪
みゅーず懐かしいです。私もよく行ったのに一度も会いませんでしたねぇ、行く時間帯がずれてたのかな?


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

庭の花
at 2017-07-18 21:37
世界水泳
at 2017-07-16 14:46
エアコン その後
at 2017-07-09 06:53
暑い~!
at 2017-06-13 21:10
こんなん売ってた…けどどない..
at 2017-06-07 02:58

最新のコメント

バラード様 ありがとう..
by はげみ at 16:42
> はげみさん お嬢さ..
by ballade4fmoll at 01:38
バラード様 関西人の懐..
by はげみ at 18:08
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:11
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:09
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 18:42

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧