感動のコンサート

3月ですね。
2月のカレンダーは濃かった~! 3月は癒されるわぁ。
(阪神タイガースカレンダー2月は城島、3月は下さん、矢野さん、ひーやんです)

大好きなヴァイオリニストバラーティ・クリシュトーフの演奏を聴いてきました。

Időpont: 
2010. március 2., kedd 19:30

Előadó(k):
Baráti Kristóf (hegedű),
Farkas Gábor (zongora)

Helyszín: 
MTA Díszterme

Műsor:
SCHUMANN-BRAHMS-DIETRICH: F-A-E szonáta
SCHUBERT: C-dúr fantázia, D934
DOHNÁNYI: cisz-moll szonáta, op. 21
BARTÓK: 1. rapszódia hegedűre és zongorára
    2. rapszódia hegedűre és zongorára


共演ピアニストはファルカシュ・ガーボル。
彼の演奏は2001年のリスト国際ピアノコンクールで初めて生を聴きました。
小柄で手も小さいのに、指と指の間が信じられないくらい開くんです!
リストの難曲をさらっと弾きこなす超絶技巧には舌を巻くばかり。

そのファルカシュ君、前半のドイツ物で重厚な響きを聴かせてくれました。
リストコンの時はとにかく指がよく回って華やかできらきらした音が印象的だったので、ああ、こんな肉太の音も出せる人なんだ、と正直驚きました。

最初の曲、F-A-Eソナタはシューマン、ブラームス、ディートリヒの共作です。
第1楽章をディートリヒが作曲、第2&第4楽章はシューマンの担当、そして第3楽章の有名なスケルツォはブラームスの手になるもの。
1曲としてまとまっていると同時にそれぞれの個性も出て面白い曲です。

前半もよかったけれど、後半のハンガリー物、特にバルトークのラプソディーは2人のマジャール魂がめらめらと燃える大熱演でした。
アンコールにF-A-Eソナタからスケルツォ(ブラームス)が演奏されましたが、ラプソディーで点いた火が燃え続けたせいか、プログラムの最初に弾いた時と比べるとまるで別の曲のように激しい演奏。
最後の音が鳴り止むと同時に盛大な拍手と歓声でした。

会場の科学アカデミー内ホール↓
バラーティ君は4月にもここで弾きます。楽しみ~♪

f0021504_5202992.jpg


f0021504_5212716.jpg



コンサートが済んで会場を出ると目の前に鎖橋と王宮が見えます↓

f0021504_5215724.jpg



ところでワルシャワで開かれたショパン生誕200年記念コンサート、キーシン演奏のピアノ協奏曲第2番の演奏を視聴することが出来ました♪
アントニ・ヴィット指揮、ワルシャワフィルハーモニー。
ショパンコンクールの本選でも演奏するこのオケにとってショパンのコンチェルトは掌中の曲。
曲を熟知するポーランド人の指揮者、ポーランド人のオケとワルシャワで、それもショパン生誕記念コンサートで演奏するのはキーシンにとっても大変魅力的だったようで、これまでのインタヴューでもこのコンサートにかける意気込みが伝わってきました。
昨年後半からのサバティカルもこのコンサートの準備のためだったのではないかと勘繰るほどです。

キー様渾身の演奏! 特に第2楽章ラルゲットは情感たっぷりで、まるでショパンが天から降りてきてコンスタンツィアのために弾いているようで、とても切なくて胸が締め付けられるようでした。
今までに何度もキーシンの演奏を聴きましたが、このラルゲットは最高に素晴らしかったです。
第3楽章の最後、オケの音がまだ鳴っているのに会場からは盛大な拍手と歓声とスタンディングオベーション。
ああ、本当に美しいショパンでした。
キー様と同じ時代に生まれてよかった~~~♪

YouTubeにアンコールの「革命」がアップされていたので貼っておきます。







番組のインタヴューに答えるキー様。なぜ蝶ネクタイ?(普通のスーツに蝶ネクタイです)

f0021504_5301420.jpg

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-03-05 05:18 | 音楽 | Comments(6)
Commented by たーさん at 2010-03-05 11:11 x
燃えるマジャール魂! うわぁ、聴きたいですー。
キー様、なんだかお久しぶりな感じです。じっくり聴かせてもらおう♪
はっつけ、ありがとうございます~!

うっふっふ。キーちゃんはやっぱりずっとキーちゃんですね・笑
Commented by ちいこ at 2010-03-05 15:32 x
素敵な会場でのコンサート、うらやましいです。バラーティ君、日本に来日されたらぜひ聴いてみたいです。
キーシンの貴重な映像いつもありがとうございます。演奏終わってからオケのメンバーが「すごいな!この兄ちゃん」みたいな感じで頷き合っているのが面白いです。

本編アップされたらぜひまた紹介してください!(自分でも探しなはれ…)
Commented by がんもどき at 2010-03-05 21:06 x
 プログラム中に“バルトーク”を見つけて、思わず高校音楽のY先生を思い出してしまいました…(^^;
 あのオヤジ…じゃなかった、先生が“バルトーク”と連呼されていたような…??

 キーシンさん、非常にお洒落だと思いますよ~!
 紺ブレにボウタイもアリだと思います(^^

 3月!私も『村治佳織』さんを見て…じゃなかった、聴いてきます!
Commented by ballade4fmoll at 2010-03-06 04:18
たーさんさん
ピアノのファルカシュは去年のリスト音楽院オケのソリストとして日本に行ったので、きっと演奏をお聴きになったと思います。
前半はドイツ物ということもあり、割とかちっとまとめていましたが、後半は熱かったです~♪

キーちゃん髪の毛爆発してませんね。
整髪料を変えたのか?(「整髪料って何?」というキーちゃんの声が聞こえたような:笑)
ママとセンセ、髪の毛どないかしてあげて下さい
Commented by ballade4fmoll at 2010-03-06 04:26
ちいこさん
バラーティ君は去年日本で大フィルと共演し好評だったようです。
またそのうち日本で弾く機会があるはずなので、その時は是非聴いてみて下さいね。
ドナウ猛虎会一押しヴァイオリニストです♪ (猛虎会は関係ないやろ~!)

コンチェルト演奏中、オケのメンバーは「いいねえ~、上手いねえキーちゃん」と言わんばかりの満足しきった表情で演奏していましたよ。
ポーランド人を唸らせるキー様♪
Commented by ballade4fmoll at 2010-03-06 04:30
がんもどきさん
Y先生はオヤジじゃなくてダンディーな紳士でしたよぉ。
音楽の授業、曲の聞き比べが面白かったですね。
バルトークの曲も聞き比べましたっけ? 連呼されてましたか? 覚えてないです・・・。(アルツハイマー)

キーシンがお洒落!?!?
普段着はすごいですよ~、ユニクロ風ストライプやチェックのシャツが多いです。(それもなぜかピンク系多し)
グランドピアノ柄のネクタイとか、チェックのシャツにチェックのジャケットとか、不思議な趣味です。


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

ハチャトゥリアンのヴァイオリ..
at 2017-05-17 00:54
最近観た映画
at 2017-05-15 21:09
ママチャリ生活
at 2017-05-08 18:45
プロ
at 2017-05-07 04:49
こんなん売ってた
at 2017-05-01 01:19

最新のコメント

> はげみさん お嬢さ..
by ballade4fmoll at 18:30
お返事ありがとうございま..
by はげみ at 02:09
> はげみさん はじめ..
by ballade4fmoll at 18:15
はじめましてm(__)m..
by はげみ at 03:06
> ぶーちゃんさん 北..
by ballade4fmoll at 23:07
バラードさま ブダペス..
by ぶーちゃん at 23:47

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧