いただきます

先月は口を開けば「暑い」とか「今年は異常気象だ」と言っていましたが、8月に入って急に涼しくなり、今日の最高気温は20度前後でした。
夏と言えば冷たいフルーツスープが定番ですが、今日は体を温めるべく鶏一羽丸ごと入りスープを作りました。

慣れたとはいえ、頭を落とす瞬間はあまり気持ちのいいものではありません。
いつも心の中で目の前の鶏と神様を拝みながら包丁を入れます。

ところで日本では「親が給食費を払っているのだから『いただきます』と言う必要はない」と言う人がいるとか。
最初に聞いた時は驚きのあまり眩暈がしそうになりました。

私達が生きていくためには他の生き物の命をいただかなければなりません。
命を与えてくれた生き物へ感謝の気持ちを込めて「いただきます」と言うのに、「給食費を払っているから言う必要なし」とはなんと情けない!

ただ、日本では肉も魚もきれいに処理されてパックされているので、「他の生き物の命をいただいている」と実感しにくいのは事実ですね。
便利になるのは素晴らしいことですが、そのせいで大切なことが忘れられていくのは残念です。
[PR]
by ballade4fmoll | 2006-08-14 04:48 | 食べ物 | Comments(12)
Commented by wasitaka at 2006-08-14 15:48
「いただきます」、「ご馳走様でした」、は世界に誇る素晴らしい日本語です。
私も機会があるたびに外国の方に紹介していますし、ワルシャワでもランチの時などスタッフに説明しています。

唯物論を押し戴く方だと、給食費につながるんでしょうね。
悲しいですね。
バラードさんの仰っている通りですし、私はそれに農業、漁業、運輸、調理など、その食べ物に携わっていただいた皆さんへの感謝、それも説明に加えています。
Commented by budapestlife at 2006-08-14 22:51 x
こんにちは。ほんと、ハンガリーにきて、お肉を買って調理するたびに「命を頂いている」という実感が強くなりました。文字通り、いただくのだな、と思って過ごしています。給食費の件、驚きました。
おコメに感謝する、という意味としつけもあって、私が子どもの頃はお茶碗に米粒を一杯つけて食べ終わると「目が潰れる」といって戒められたことがあったのですが、それだけ作った人や天候に感謝して食べよということだったと今にして思い返しますが・・・。
現在、給食では骨のついた魚は食べずに残す子が多いので、苦肉の策で「ほねなし加工済」の魚を使用するのが人気だそうです。(中国で一旦魚を開いて綺麗に骨を取り出し、もう一度元通りに腹を合わせるとか)すごい世界ですよね。
Commented by ballade4fmoll at 2006-08-15 03:25
鷲鷹さん
確かに食べ物が食卓に上るまでには多くの人の手がかかっていますね。
携わって下さった方々への感謝、命を与えてくれた生き物への感謝、そして食べ物を美味しくいただける自分の健康に感謝・・・「いただきます」は本当に美しい言葉ですね。
ハンガリーでは食事の際に“Jó étvágyat!”(直訳すると「よい食欲を」、ポーランド語でも同じような表現がありますね)と声をかけます。
「日本語で“Jó étvágyat!”はどう言うの?」とハンガリー人に聞かれる度に「いただきます」の説明をするのですが、「食べ物への感謝の気持ちを持つのは大切だ」と一様に納得してくれるのが嬉しいし、誇らしくもあります。
Commented by ballade4fmoll at 2006-08-15 03:31
budapestlifeさん
ハンガリーでの生活は日本のように便利ではない分、大切なことに気付かせてくれますね。
私も子供の頃、「米という字は八十八と書く。たくさんの人手と手間がかかっているのに、残したら罰が当たる」と言われ、ご飯粒を一つも残さず食べるように躾けられました。
骨無し加工済みの魚ですか! すごいですね~!!
骨があって食べにくいのはわかりますが(私も子供の頃は魚が苦手でした)、骨の取り方を家庭で教えるのではなく魚を骨無し加工するとは・・・不思議な世界ですね。
Commented by mari at 2006-08-15 15:56 x
日本では家族そろっての食事が珍しいといわれる昨今です。(子供に食事をテーマに絵を描かすと一人で食事をする風景を描く子供が増えているそうです。)
「いただきます」の意味が話題にあがることも、大人にお魚を食卓でほぐしてもらう事もなくなっているのかもしれません。
栄養をサプリメントで補えばいいという考え方は生活を豊かにはしませんね。スローフードという言葉が日本のマスコミにでてきてからだいぶたちますが、私が子供だった頃はどこの家でも「スローフード」しか食べていなかったとおもいます。
ドイツも良いものが手に入りにくくなっています。町のパン屋さんが工場生産のチェーン店にかわり、肉屋が廃業し、、、淋しいかぎりです。大手資本に食文化、安全を破壊されないように消費者は賢くならなくてはいけないですね。食に興味のない人が増えるのは本当に危険です。
Commented by ballade4fmoll at 2006-08-16 00:30
まりさん
子供が一人で食事とは寂しいですね。
でもお父さんは遅くまで仕事だし、子供も塾や習い事で忙しいし、家族揃って食卓を囲むのは難しいのでしょうね。悲しいことです。
「病は気から」と言いますが、私は「病は口から」だと思います。
旬のものを中心にバランスのよい食事を心がければ、自然に体力がつくと思うのです。
ハンガリーもドイツ同様、大型チェーン店が増えてきて昔気質の職人さんの焼くパンや、形や大きさは不揃いだけど味の濃い野菜や果物が手に入りにくくなってきました。
ぱっと見のきれいさに騙されないように気をつけなければいけませんね。
Commented by piglet at 2006-08-16 00:56 x
日本での給食時の「いただきます」を言う、言わないの話、私も聞いた時には唖然としてしまいました。
皆さんが仰っているように、「いただきます」という言葉には、食材となった生き物たち、それを育ててくれた人たち、調理してくれた人たちへの感謝の気持ちが詰まっていると思います。
私がお友達や夫とよくいくレストランでは、たぶん、日本人が教えるのでしょう。店のスタッフが、料理を運んできた時に、笑顔で「いただきます」とたどたどしい日本語で言ってくれます。(最近、やっと「召し上がれ」をマスターした人もいます(笑))
どこにいても、食事のときに手を合わせて「いただきます」という日本人の風習は、とても美しいものだと思うのですが・・・
海外に住んで、改めて日本や日本語のよさを感じているので、このような話題はちょっとさびしくなります。
Commented by ballade4fmoll at 2006-08-16 15:22
pigletさん
確かに日本を離れると、日本のよさを再認識しますね。
もし日本に住んでいたら、「いただきますと言わなくてもよい」発言を聞いてもこれほどショックを受けなかったかも、と思います。
笑顔で「いただきます」と声をかけてくれるレストランのスタッフ。
きっと「Jó étvágyat!」のつもりなのでしょうが、その気持ちが嬉しいですね。
Commented by budapestlife at 2006-08-16 17:19 x
遅くなってすみません。
骨抜き加工の魚は、給食の献立に「さかな」とあるだけで、どんなに工夫しても一切箸をつけてくれず、大量の残飯が出る状況に端を発したそうです。それで残飯は随分減ったそうです。結果的に「魚って美味しい」と分かってもらえれば、そのうち骨があっても食べてくれるだろう・・・ということのようです。
Commented by ballade4fmoll at 2006-08-17 03:49
budapestlifeさん
なるほど、そういう事情があったのですか!
それにしても魚の骨無し加工という発想はすごいです。
昔は家族揃って食卓を囲み、嫌いなものを残すと怒られたものですが、最近はそういう光景も見られなくなっているのでしょうね。
海の幸の豊富な日本で魚嫌いの子供が増えているのは寂しいです。
Commented by budapestlife at 2006-08-17 14:25 x
そうですね。子どもの頃、煮魚を面倒がる父を思いやって、母が食卓で身をほぐしてあげるのを横目に「お父さんだけずるい」と兄と二人で羨んでは「お父さんは働いているのよ!」と一言叱られました。一家の大黒柱の威厳が生きてました。(笑)
ほんと魚嫌いのこどもが増えるなんて寂しいですね。
Commented by ballade4fmoll at 2006-08-18 15:43
「大黒柱」も死語になりつつありますね。
手段はどうであれ(魚の骨無し加工を含め)魚の好きな子供が増えるといいですね。


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

お留守番
at 2017-11-13 19:22
家の前の道
at 2017-10-12 17:04
新しい地図
at 2017-09-25 19:18
こんなんおった
at 2017-09-10 04:05
しつこくZed
at 2017-08-28 23:11

最新のコメント

> 南河内郎女さん こ..
by ballade4fmoll at 05:31
大阪市内に住んでいる私に..
by 南河内郎女 at 17:45
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 18:58
赤白緑さま  無沙汰し..
by Yozakura at 16:33
> ぶーちゃんさん 庭..
by ballade4fmoll at 20:26
> はげみさん 楽しみ..
by ballade4fmoll at 20:21

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧