こんなん売ってた! お肉屋さん編

今日は市場のお肉屋さんで撮った写真を2枚ご覧下さい。
私にとっては見慣れた光景、でも日本から来た家族や友人はかなりショックを受ける肉屋の店先の様子です。

まずは豚足↓
f0021504_045024.jpg
ことこと煮込むと美味しいスープがとれますし、ゼラチン質を利用して煮凝りも作れます。
中華スープにしても美味♪
スープをとった後の骨は昔飼っていた犬の大好物でした。
ガリガリと音を立てて噛み砕きながら美味しそうに食べているところを見ると「ああ、犬って肉食獣なんだ」としみじみ思いましたねえ。

続いては、鶏丸ごと一羽↓ (左側の白っぽいのはパックされたアヒルの胸肉)
f0021504_0485381.jpg

オーヴンで丸焼きにしたり、鶏と野菜を煮込んでスープを作ったり、私はしょっちゅう買います。

初めてハンガリーのお肉屋さんに行った時、正直「気持ち悪い」とか「怖い」と思いました。
しかし、日本のようにきれいにパックされているとつい忘れがちになりますが、われわれ人間は他の動物の生命をいただいているわけです。

こちらに来るまでは好き嫌いが多く、食べ残しは遠慮なく捨てていました。
でも、今は食べ物を粗末にすることは出来ません。
好き嫌いもほとんどなくなり、残すなんてもってのほか。
どうしても食べ切れなかった分は翌日またいただく。
同じものが続いて飽きそうなら、手を加えて何か違う料理にする。
それ以前に、本当に必要なものだけを必要な量買う。

そんな当たり前のことに気付かせてくれたハンガリーのお肉屋さんを御紹介しました。
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-11-11 00:57 | 食べ物 | Comments(14)
Commented by bbwan at 2007-11-11 07:43
1番の書き込みですね。
ハンガリーやポーランドにいって気がついた事に、チェコには市場がありません!!
でもこういったものは近所の肉屋さんで普通に見られる光景です。 
日本の肉屋で買ったものと、こっちで買う肉と比べると屠殺っていうんでしょうか?加工の仕方が大きく違うように思います。 日本の肉は血抜きしているのかあまり血がありません。でもチェコで買う肉は、血が滴り肉を加工するときはそれも含めているように思います。いかがですか?
Commented by namihei at 2007-11-11 12:56 x
私も、フランスに来たばかりの頃は、市場のお肉屋さんで絶句しましたっけ。でも、今では慣れ、クリスマスには、鳥の丸焼きが定番メニューです。動物や植物のお世話無しには生きていけないわけですものね。感謝の氣持ちを忘れずに生活していきたいものです。
Commented by ballade4fmoll at 2007-11-11 17:12
bbwanさん
そちらには市場がないのですか!? 知りませんでした。
おっしゃる通り、こちらの肉は血が滴りますね。
ハンガリーには血入りのソーセージもあり、血も立派な食材のようです。
何でも食べられるようになりましたが、血入りのソーセージ(véres hurka)だけはちょっと苦手です。
夫は「こんなに美味しいのに」と訝しがりますが・・・。
Commented by ballade4fmoll at 2007-11-11 17:23
namiheiさん
やはり最初は驚きますよね。
初めて鶏を捌いた時、「ささ身ってこんな所に付いてるんだ!」と驚いたのを思い出します。
日本に帰った時に家族や友達に聞いても、誰もささ身がどこにあるか知らなかったので、得意気に説明しました。(アホやん~)
感謝の気持ちを忘れず、何でも美味しくいただきたいと思います。
Commented by piglet at 2007-11-11 17:56 x
こんにちは。
日本にいたときには、豚足や丸のままの鶏肉なんて、料理の本でしか見たことも無かったのですが、ハンガリーでは普通にスーパーに並んでいて、皆さん買ってますよね。(それも大量に・・・)
私も最初はびっくりして、正直「気持ち悪~」と思いましたが、もうすっかり慣れてしまいました。(まだ、買ったことはありませんが・・・)
この頃は、お肉に付いている羽?とか皮?にも驚くことなく、「またかあ・・・」と言いながら処理している私です。
ハンガリーの子供達は、お魚の絵を描くときに切り身を描いたりなんてしないんでしょうね(笑)

Commented by ballade4fmoll at 2007-11-11 23:31
pigletさん
鶏丸ごと一羽を初めて買った時は怖くて泣きながら頭を落としましたが、今では「鶏さんありがとう」と心の中で唱えながら、震えることなく包丁を入れることが出来るようになりました。
正直、今でもあまり気持ちのいいものではありませんが、きれいにパックされた切り身からは得られない、「他者の命への感謝」の気持ちをいつも感じられるのはいいことですね。
お魚の絵を描くときに切り身って・・・その方が怖いですよね。
子供の頃は母親が家で魚をおろすのが当たり前の光景だったのに、最近はきれいに処理されたお魚しか見かけませんものね。
便利になるのはいいのか悪いのか、難しいところです。
Commented by じゅんこ at 2007-11-11 23:53 x
確かに「命をいただく」って気持ちになりますね。

その昔近所に鶏肉専門店があってお顔がいてた丸鶏が売ってました。怖くてそのお店の前はダッシュしていたことを良く覚えています。

魚をさばくのは平気なんだけどな。
Commented by ballade4fmoll at 2007-11-12 00:08
じゅんこさん
私もここに来た当初は肉屋の前を通る時は目を伏せて早足で通り過ぎていました。
肉を買う時も、絶対に丸ごと1羽の鶏は見ないようにして、手羽先やもも肉など(こちらでも切り分けた肉を買うことが出来ます)を買っていました。
鶏のスープの作り方を教えてもらうことになり、初めて丸ごと一羽買った時は本当に恐かったです。
少しずつ慣れてきて、いつからか「恐怖」より「感謝」の気持ちを抱くようになりました。

日本人は魚を捌くのはわりと平気だと思うのですが、ハンガリー人は「魚は怖い」と言うんですよ。
慣れの問題でしょうか?
夫はいまだに日本で食べた(彼は食べられなかった)鯛の生造りの話をします。
「ひれが動いてたんだよ~、目が合ったんだよ~」と泣きながら。
Commented by かぶだよし at 2007-11-12 10:12 x
そうですね〜、考えさせられます。
命を頂くという感覚を日本人は、加工品によって見ないようにしていますね。
友人が、「シジミやアサリを水から煮た方がダシがよく出て美味しいらしいけど、じんわりと煮られて死んで行くよりも、沸騰したお湯に入れてあげて直ぐ成仏してもらった方が苦しまないで逝けるから…。」と言った事が、今でも頭に残っていて…アサリなどは、お湯に入れて煮ています。
私も、鳥よりは魚の方がさばきやすいですね。やはり、慣れってあるんですかね。

Commented by popoco at 2007-11-12 14:06 x
タイでも普通に丸ごとゆでられた鶏がうっすら薄目をあけてショーウィンドーにかざれらたりしてますし、汁ビーフンには好みで牛や豚の血を入れたり、お豆腐のように固まらせてカレーやスープの具にしますね。血を食べないのは少数派だと思います。日本は肉食の歴史が浅いからでしょうか?血入りソーセージは欧州では殆どの国にそれぞれそのソーセージの名産の町がありますよね。私も食べる気はまったくないです。

イセエビの刺身とか好きですが、イセエビに包丁居れるとき海老が鳴くんです。蟹も必ずいきたままゆでます。あっ、もちろん母がです。私には出来ない料理です。
Commented by ballade4fmoll at 2007-11-12 17:48
かぶだよしさん
そういえばシジミやアサリは生きたまま水から茹でてましたね。(母が)
子供の頃はそれが当たり前と思って何とも感じませんでしたが、確かに貝にすればすぐ成仏した方が少しでも苦しみが少なくなりますね。
こちらの肉屋で鶏や牛、豚の命をいただいているのだと再発見しましたが、魚介類については感覚が鈍っていました。
我々はいろいろな命によって生かされているんですね。
Commented by ballade4fmoll at 2007-11-12 17:54
popocoさん
血を食べないのは少数派なんですか。初めて知りました。
血入りのソーセージは、毎年夫の友人が自家製のものを分けて下さるので私もいただきますが、お味の方は・・・です。
「血が入っている」と意識し過ぎるからかもしれません。
他の自家製ソーセージやらハムはとても美味しいのですが・・・。

海老が鳴くんですか~。実際に自分の耳で聞いたら一生食べられなくなりそうです。
Commented by まこ at 2007-11-17 00:02 x
豚足。。。。茹でたのはスーパーでも見かけるようになりましたがグロテスクですね~
家も手羽先なんかは、残った骨は全部ワンちゃんたちが平らげます(^_^;)
骨・・・大好きですよね(^^ゞ
Commented by ballade4fmoll at 2007-11-17 02:16
まこさんのワンちゃん達も骨お好きですか?
ガリガリと美味しそうに食べますよね~。
普段は可愛いのに、骨を食べているところを見ると「肉食獣なんだ!」と実感しました。
骨って美味しいんでしょうか?


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

こんなんおった
at 2017-09-10 04:05
しつこくZed
at 2017-08-28 23:11
Zed
at 2017-08-21 18:53
新しい家族
at 2017-08-15 17:47
キーシンの新譜
at 2017-08-05 04:29

最新のコメント

> ぶーちゃんさん 庭..
by ballade4fmoll at 20:26
> はげみさん 楽しみ..
by ballade4fmoll at 20:21
バラードさま お久しぶ..
by ぶーちゃん at 15:43
バラード様 ありがとう..
by はげみ at 16:42
> はげみさん お嬢さ..
by ballade4fmoll at 01:38
バラード様 関西人の懐..
by はげみ at 18:08

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧