緊急入院

先月末に1週間ほど入院しました。
このブログは日本の家族や友達が読んでくれているのであまり心配をかけるような話題は避けてきましたが、今回の入院で見聞きしたこと、感じたことを自分用の備忘録として書くことにします。
今はすっかり元気ですからご安心下さいね。

夫の従弟(内科医)に定期的に健康診断をしてもらっています。
先日も「またいつも通り『“異常なし”だけど鉄分が不足気味だからレバーを食べなさい』と注意されるんだろうな~」と思いつつ従弟の勤務先の病院(公立)に向かいました。
各種検査を済ませ結果を待っていると、従弟が険しい顔をしてやって来ました。
「異常が見つかったから今すぐ入院してもらう。この病院には専門医がいないから別の病院に救急車で移送する手配をしたよ。○○(←夫の名)にも連絡しておいたからね」
なんだか現実のこととは思えず、急に台本を与えられてお芝居を演じているような気持ちでした。
「救急車はあと1時間位で来るから、それまでここで待ってて。そのうち○○も来るよ」
1時間って・・・どこが救急やねん!!!
(ハンガリーの救急車不足は深刻です)

入院用の荷物をまとめて駆けつけてくれた夫と共に救急車で別の病院(公立)に向かいました。

救急隊員の方々が入院手続きをして下さっている間に、私はキャスター付のベッドに寝かされて別室に運ばれ、体温と血圧測定、血液検査を受けました。
従弟の病院でも血液検査したばかりなのに、今日はえらい血採られるなあ・・・。

手続き完了、従弟が紹介してくれた担当医に会い、症状と治療法について説明を受けました。
この担当医、専門用語を一切使わずとてもわかりやすい説明で、頭のいい人だな~とつくづく感心しました。
お医者さんだから頭がいいのは当然なんですけど、例えば従弟は専門用語続出で話がよくわからない時があるんですよね。
「大丈夫、絶対に治しますから」
治るじゃなくて治すと自信に満ちた声で言われて私はすっかり大船に乗った気持ちになりました。

入院中も毎日何度か病室に立ち寄っては今の状態やその日の治療内容をわかりやすく説明して下さり、「順調に快方に向かっていますよ」と穏やかな笑顔でおっしゃるので非常に心強かったです。

病室は、この病院は4人部屋が主流のようですが私が与えられたのは2人部屋。お隣のベッドは私が退院する前日に新しい患者さんが入るまでずっと空いていたので殆ど個室感覚でした。
病棟は新しく、部屋も清潔な感じです。各部屋にトイレとシャワーが付いています。
f0021504_1816186.jpg


さて、夫が持ってきてくれた荷物を見ると、着替えやタオルに加えてトイレットペーパーやナイフ、フォーク、スプーン、コップなども入っています。
「ハンガリーの病院ではMyトイレットペーパー持参のこと」と聞き及んではいましたが、ナイフやフォークまで~?

食事は朝・夕はこんな感じ↓
f0021504_18164126.jpg
パンの下のお皿にはハムとチーズ、左の箱はケフィール(ヨーグルトきのこ)、ポット(?)には紅茶が入っています。

昼食はスープとメイン(パスタなど)。日によって果物やクッキーなどが付きます↓
f0021504_18171294.jpg
f0021504_18172885.jpg



現在ハンガリーでは医療制度改革中。
以前書きましたが、いったん有料化された病院の受診料や入院費が国民投票の結果再び無料となり、医療分野の資金不足は相変わらず。病院の統合や閉鎖が相次いでいます。
トイレットペーパーや食器類も用意出来ないなんて、病院は相当困っているんだなあ。
それに、EU加盟後は医療従事者が賃金の高い国(国によってはハンガリーの5倍以上の収入を得られる)で職に就くケースが増え、人材不足にも悩まされているようです。

看護婦さんのほとんどはプロ意識に溢れた素晴らしい方々でした。
入院初日に看護婦さんが「こんにちは。具合はいかがですか? 定期的に様子を見に来ますが、もし少しでも気分が悪ければいつでもこのボタンを押して下さいね」と声をかけて下さり、実際ボタンを押せばすぐ駆けつけて必要な処置を施してくれました。

「ほとんど」と書いたのは、中には長い爪にマニキュアを施し全ての指に指輪をし、何重にもブレスレットを着けて、患者より自分の爪ばかり気にしているような若い人もいたからです。
プライベートで何をしても自由だけど、その格好で病院で働くのはいかがなものかと思いました。

病院の朝は早いです。
朝5時過ぎに起床。
毎日ベッドリネンを取り替えてくれ、シャワーを浴びられない人にはお湯を張った洗面器を持ってきてくれます。
最初の朝は体力が落ちていたので、看護婦さんが全身を拭いてくれました。

6時台に血圧や体温測定。その日に服用する薬を配布されます。
私は普段あまり薬を飲まないので、「これは何の薬ですか?」と自分が納得出来るまで質問しましたが、たいていの看護婦さん(マニキュア族以外)は丁寧に答えてくれました。

7時頃回診。いつも「財前教授の総回診です」を思い出しました。
私の財前教授は唐沢寿明ではなく田宮二郎です。ああ歳が・・・。
総回診の後、私の担当医はいつも病室に立ち寄ってその日の治療を、例えば午前中にどういう検査をする、その結果によってはこういう薬を注射する、等と説明してくれました。

8時頃朝食、正午に昼食。夕食は午後5時。
治療のない時は、たまに人恋しくなって談話室にテレビを見に行き、そこで他の患者さんとお喋りすることもありましたが、ベッドで本を読んだり音楽(携帯でMP3やラジオ)を聴いたりして過ごしました。

午後7時過ぎ、宿直医の回診。
この時にいろいろなタイプのお医者さんと出会うことになります。
ある方は日本に行ったことがあるそうで、なんと共通の知人がいることが発覚。
以来、担当医でもないのに時間のある時には病室に立ち寄って話に花を咲かせました。
この方は非常にジョークが好きで、いつも何か新しいジョークを仕入れては披露してくれました。
おかげで毎日大笑い、入院で沈みがちになる気持ちを引き立ててくれたことに深く感謝したいと思います。

ハンガリーの公立病院はひどい所だ、私立病院とは雲泥の差だ、とよく耳にしましたが、今回公立病院に入院してみて特に不満はありませんでした。
ただ、公立病院ではお医者さんはともかく看護婦さんの全てが英語を話すわけではないでしょうし、ハンガリー語を話さない方が入院した場合はいろいろ不便もあるかと思います。
駐在で来られた方がもし入院の必要に迫られた場合、会社で費用を負担してくれるなら英語の通じる私立病院を選ばれるのが賢明かもしれません。


今回しみじみ感じたのは、人生いつ何が起こるかわからないということ。
「いつかそのうち」と先延ばしになっていることもてきぱきと手をつけなければ!
取り敢えず入院中に「積読」の本を少しは読めたので、これから本の山を崩しにかかろうと思います。
[PR]
by ballade4fmoll | 2008-07-03 18:30 | ハンガリーあれこれ | Comments(34)
Commented by じゅんこ at 2008-07-03 19:00 x
しばらく更新されていなかったので,どうされたかと思っていました。
なんと入院なさっていたとは・・・
病後も油断せずご自愛ください。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-03 19:19
じゅんこさん
まさに鬼の霍乱です。
私は健康だけには自信があったので今回のことは本当に驚きました。
退院したからといって無理をしないように気をつけたいと思います。
そちらは梅雨で鬱陶しい頃でしょうか。じゅんこさんもどうぞご自愛下さい。
Commented by juntobaguio at 2008-07-03 21:12
私も「近頃更新しないな~」と思っていました。
無事で何よりです。
Commented by 睦月そら☆ at 2008-07-03 23:10 x
こんにちは!!

記事を読んで、大変驚きました。
さぞや、びっくりされたことでしょう~。
私も健康にはかなり自信満々でしたが、去年は、大腸内視鏡で、大腸ポリープを切除しました。
かなり大きくてこのままにしていたら、いずれ遅かれ早かれ癌になっていたことでしょう~。と、言われました。

健康を、真剣に考えないといけない年齢に私はなってしまったようです。。。。。汗
バラードさんはまだまだ、病み上がりですので、
くれぐれもご無理をなされないように、からだをお大切にお過ごしくださいね。
Commented by まこ at 2008-07-04 00:26 x
悪くなる前に健診しておいて良かったですね
それ以上悪化してると、1週間の入院だけではすまなかったかも・・・

やっぱり自分の身体は自分で守らないと駄目ですね
健診はとても大切ですね
まだ無理をされないよう、しっかり養生してください(*^_^*)
Commented by yu at 2008-07-04 01:03 x
私もまさか入院されてるとは思わなかったけど、ちょっと心配していました。この頃更新ないなって・・・。でも無事退院されたようでよかったです。
やはり定期検診は大切ですね。でも1週間の入院だけで大丈夫なんですか?お大事になさって下さいね。
病院生活の様子やはり国が変わると色々と違いがあるもんですね。食事も・・・。ケフィールが出るんだ!
Commented by かなまゆ at 2008-07-04 01:04 x
大変でしたね。せめて大事に至る前でよかったということ炉でしょうか。ハンガリーの病院レポート、興味深く拝見させていただきました。トイレットペーパーを持っていくなんて、予想外でした。
退院後もしっかりと体を休めてください。何にしても健康が第一ですからね。
Commented by とらねこ at 2008-07-04 02:44 x
長く住んでいても外国で入院って結構心細いものですよね。
でも、無事に退院されて良かったです。
ブログ様にお写真をしっかり撮ったり、えら~い!
冗談はさておき、医療事情、興味深く拝読しました。
当地でも人員と予算不足が深刻な問題です。

お大事になさってくださいね。

Commented by bbwan at 2008-07-04 05:02 x
大変だったのですね。 無事に退院されてよかったです。 balladeさんは偉いですね、入院生活もそれなりにポジティブシンキング。
私もこちらで、手術入院といわれ紹介された私立の総合病院にいったのですが、手術を前に、すべてを白紙にしてもらいました。 外国人専用窓口で手続きしたけど、英語のレベルも低く、手術する先生の英語力は私のチェコ語より低く検査も非常にシンプル。ものすごく不安が募り、日本に帰って検査したら、もう涙がでそうなほどのホスピタリティでした。技術は高いというけれど、おまかせする気にはなれなかったです。
Commented by かぶだよし at 2008-07-04 06:39 x
バラードさん!大事ならなくてよかったです。
更新が遅れているとは思っていましたが、元気印のバラードさんが入院とは、本当に驚きました。
今後も、無理なさらずお体ご自愛くださいね。

ハンガリーの医療体制もなかなか、大変なようですね。
日本でも、いいお医者さんに巡り会えるのは本当に大変だし、色んな医療ミスがあって、怖いです。入院なさった公立病院が良い環境でよかったです。
積読崩し生活も、楽しいですよ〜きっと。
そうそう、美内すずえ先生の「ガラスの仮面」連載スタートするそうでゅす!かぶだよし、最終回を見届けるまでがんばります!
因に、私の中の財前教授も田宮二郎様です。(笑)クイズ!タイムショック!司会も田宮様だと思っております。ああ〜、歳が〜!
Commented by omuroninnnaji at 2008-07-04 07:47
何かあったのかなとは思っていましたが、入院だったとは
まあ、いい先生に出会えたとのことで良かったです
無理せず、いきましょう
Commented by Melody♪ at 2008-07-04 10:26 x
退院おめでとうございます。
入院中も素敵な出会いがあって、生きているというのは、
たくさんの「縁」が繋がっていくことなんですね。
それにしても、1週間で退院できて良かったですね。
どうぞ無理なさらずに、ゆっくり、のんびり、すっかり回復に
向かわれますように!

ちなみに私も田宮二郎でございます。あはは(^o^)
Commented by budapestlife at 2008-07-04 12:53 x
更新がお休みなのは、オーストリアの余韻が消えないように味わっていらっしゃるのかなぁ・・・と思いつつ、長くなって段々心配になっていました。そんなことになっていたとは。人という巡り合わせは自分で選べないのに、一部はともかく良い医療スタッフに恵まれ、清潔なお部屋で過ごせたのは何よりでした。
しばらくはお体がキツイと思われますので、どうかお大事になさってください。(祈)
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 16:39
juntobaguioさん
ご心配をおかけしました。
現在自宅静養中で暇を持て余しているので、しばらくはマメに更新しますね♪
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 16:43
睦月そら☆さん
そらさんも去年そんなことがあったんですね~。
私は全然自覚症状がなく、「もう少し発見が遅れていたら命にかかわっていた」とお医者さんに言われてぞっとしました。
自分が健康だと盲信するのは危険ですね~。
お互い健康に気をつけて、いつまでも音楽を楽しめる生活を続けたいですね。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 16:45
まこさん
まさに仰る通りで、もう少し発見が遅れたら手遅れになっていたと言われました。
健康診断は本当に大切ですね。
また、自分を過信せず、少しでも気になることがあったらすぐに病院に行くべきだとも思いました。
とにかくいろいろ考えさせられた1週間でした。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 16:49
yuさん
退院はしたものの、来週検査を受けるまで自宅静養を言い渡されました。
今は家でのんびり過ごしています。
入院中はネットが出来ず、トラ情報が一切入ってこなかったので気になって気になって・・・モバイルインターネット導入を真剣に検討中です。
ケフィール、私はハンガリーに来て初めて知りました。どこのスーパーでも乳製品売り場にズラーッと並んでいます。
ディルのみじん切りを混ぜ込んだドレッシングはあっさりして美味しいですよ♪
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 16:52
かなまゆさん
ハンガリーの公立病院ではトイレットペーパー&食器持参は当たり前のことらしいです。
私もかなり驚きましたが、食器に関しては他の患者の使ったものを(いくら洗うとはいえ)使うより、自分専用のものを使う方がいいかなとも思いました。
でも、トイレットペーパーは病院側で用意してもらいたいですね~。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 16:58
とらねこさん
入院中、携帯で写真を撮っては夫に送って「今これ食べてるの」とか「点滴受けてるの」とかいちいち報告していました。
(点滴中に写真撮るな~!)
毎日面会に来てくれるんだから、その時に話せばいいようなことですけど、とにかく暇で暇で~。(笑)
どこかが痛くてたまらない時も、どこがどう痛いかハンガリー語で説明しないといけないのが辛かったですね。

そちらも人員、予算不足なんですね~。
EU圏内でどんどん格差が広がっていくような気がしませんか?
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 17:01
bbwanさん
それは大変でしたね。
担当医をどれだけ信用出来るかが全てだと思いませんか?
それなのに、ちゃんと話が通じないようでは不安が募るのもよくわかります。
私の場合はいい担当医に恵まれたのでラッキーでしたが、もっと複雑な治療を受ける必要があれば日本での受診も視野に入れると思います。
命を預けるわけですから、安心して治療を受けたいですよね。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 17:05
かぶだよしさん
自分は健康だと信じきっていたので今回のことは本当に驚きました。

>日本でも、いいお医者さんに巡り会えるのは本当に大変だし、色んな医療ミスがあって、怖いです。

そうなんですか。外国暮らしが長いと日本の何もかもがよく見えるんですけど、いいお医者さんに出会うのはどこの国でも大変なんですね。
その点、今回は本当にいい先生に担当していただけてよかったと思います。

で、なんですって? 「ガラスの仮面」連載ですって~?
美内先生、やっと続き書いて下さるんですね~、ありがとうございます。(号泣)
タイムショックももちろん田宮二郎です! 1分間で100万円のチャンス!!
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 17:08
omuroninnnajiさん
ご心配おかけしました。
本当にいい先生に出会えてよかったです。
お医者さんって患者をいかに安心させられるかが重要ポイントですよね。
しばらくは自宅でのんびり静養します。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 17:12
Melody♪さん
>生きているというのは、
 たくさんの「縁」が繋がっていくことなんですね

本当にそうですね~。
従弟から入院を言い渡された時は目の前が真っ暗になり「今私は悪い夢を見ているんだ」と自分に言い聞かせ、泣き出しそうになるのを堪えていたのですが、担当の先生とお話してからはすっかり気持ちが落ち着きました。
安心してお任せ出来るようなお医者さんに出会えて本当によかったと思います。

で、Melodyさんも田宮二郎ですか。タイムショックもですよね~。(笑)
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-04 17:17
budapestlifeさん
キーシンの余韻にもっと浸っていたかったのに、劇場の回り舞台のように急遽大転換で驚きました。
入院先は昔からある病院ですが最近新病棟が完成して、医療器材も最新のものを揃えてあって、清潔感が漂っていて、とにかく安心できる場所でした。
公立病院についてはあまりいい話を気かなかったので相当身構えていたのですが、いいお医者さんや看護婦さんに恵まれて本当によかったです。
Commented by まつとも at 2008-07-04 18:46 x
balladeさんへの初コメントがお見舞いになろうとは思いも依りませんでした。でも早期発見早期治療で大事に至らなくて本当に良かったですね。救急車到着に1時間!・・は、そりゃツッコミたくなりますよね(笑) お医者様の「大丈夫絶対に治しますから」は心強いです。私は20年前に病院の検査がきっかけで別の病気になった経験があって、それ以来怖くて病院に行けなかったんですけど、この年齢になるとそうも言ってられません。balladeさんは、よい方に巡り会えてよかったです。これからもどうぞお大事にしてくださいね。
Commented by jupiter at 2008-07-04 21:31 x
バラードさん
ビックリしましたよ、最近更新が無いのでお忙しいのかな?とか思ってました、今アクセスして知った次第です・・・・まだ無理はせず養生して下さいね。
私でよかったらいつでも相談に乗りますからね!(頼りないですが)
私もとても元気なんですが、実は爆弾かかえてるので
それ以後大無茶はしなくなりましたよ(友人には十分無理してるって言われますが・・・・)

安心してください、阪神は放っておいても優勝しますから。
今日も横浜最大のチャンス(つまり阪神大ピンチ)を逃した後、また打線爆発中、檜山も2点タイムリー打つし・・・止まりません。
Commented by よしみちゃん at 2008-07-05 10:32 x
タイトル、びっくりしました。
Blogの更新があるということは、とりあえずひと段落ということだと思うんですが、書いているよりも実際はかなり大変なことだったのでは、と思いました。

これから熱くなって、体力も落ちがちですので、今年は特にご自愛くださいませ。
Commented by maria at 2008-07-05 14:13 x
本当にびっくりしたぁ~。お大事にしてください。
人生何があるかわからないですよね。一日一日を大切にしなくちゃ。って最近思ったばかりでした。
ドイツも若いお医者様が北欧に流れています。勤務医の待遇が北欧の方がよいそうです。お金があるなしで受けられる医療が違うのもハンガリーと同じ。老後のことを考えてしまう今日この頃。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-05 20:43
まつともさん
コメントありがとうございます。いきなりご心配をおかけしました。
私は今まで病気らしい病気をしたことがなかったので、病気自体より「入院」という大げさな事態になったことでかなり動揺しました。
お医者さんのあの一言がなかったら、動揺したまま不安な毎日を過ごしただろうと思います。
昨日のニュースで医療事故が取り上げられていました。ここでも「病院=安全な場所」とは限らないようです。
これからは栄養のバランスを考えた食事、適度な運動、ストレス発散などに気を配って病気にならないよう過ごしたいと思います。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-05 20:47
jupiterさん
心強いお言葉ありがとうございます!
何かあったら相談に乗って下さいね、よろしくお願いします。

で、トラは放っておいても優勝しますか~。
今日も強かったですね。矢野さんに一体何が起こったんでしょう?
それにしても、今日デーゲームですよね?
暑いのに皆(特におっちゃん達)よく頑張ってます。頼もしいですね♪
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-05 20:51
よしみちゃん
ご心配おかけしました。
一段落ついて、今はお医者さんに言われたので自宅で静養中ですが、私自身は今すぐにでも仕事に復帰出来るような気がします。
来週の検査の結果次第ですが、何も問題がありませんように。

そちらもかなり過酷なスケジュールの日々を送っておられるようですね。
疲れを溜め込まないように気をつけて下さいね。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-05 20:55
mariaさん
多分、一番ビックリしたのは私自身だと思います。(苦笑)
自覚症状があり病院に行った結果入院するならまだしも、「あ~健康診断面倒だな~」と思いながら行った先でいきなり即刻入院でしたから。
本当に人生「一寸先は闇」です。

ところでドイツでもお医者さんの流失があるんですか?
ハンガリーは学費が安いので外国から医学留学生がたくさん来るんですよ。
で、卒業後は自分の国に帰ったり、高収入を得られる北欧やイギリスに行くそうです。
なんだか釈然としないのは私だけでしょうか?
Commented by rbhh at 2008-07-08 06:29
こんばんは。無事退院されたそうで遅ればせながらおめでとうございます。お元気なようで何よりです。とっても興味深く記事読ませていただきました。

最後の文章「今回しみじみ感じたのは、人生いつ何が起こるかわからないということ。」は私も肝に銘じています。思いがけない突然の病気で8ヵ月も入院した家族がいて、私もまさにバラードさんと同じことを考えたのです。それ以来やりたいと思ったことはすぐに実行するようにしています。・・といいつつ、ずっと行きたいと思っているブダペストに行けていませんが(涙)。
Commented by ballade4fmoll at 2008-07-08 23:29
rbhhさん
ありがとうございます。寄る年波には勝てないとつくづく感じました。
最近ちょっと忙しかったので、三食昼寝つき、上げ膳据え膳の1週間はいい休息になったとポジティヴに受け止めています。

私も思ったことはすぐ実行に移そうと固く決意しました。
ベルリン・パユ様ツアーもなんとか実現させたいです(はあと)。
rbhhさんも是非ブダペストにお越し下さいね。あるいはウィーンで落ち合うのはいかがでしょう?


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

庭の花
at 2017-07-18 21:37
世界水泳
at 2017-07-16 14:46
エアコン その後
at 2017-07-09 06:53
暑い~!
at 2017-06-13 21:10
こんなん売ってた…けどどない..
at 2017-06-07 02:58

最新のコメント

バラード様 ありがとう..
by はげみ at 16:42
> はげみさん お嬢さ..
by ballade4fmoll at 01:38
バラード様 関西人の懐..
by はげみ at 18:08
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:11
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:09
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 18:42

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧