<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

一円を笑うものは

一円に泣く という言葉はハンガリーではあまり認識されていないようです。
チップの習慣があるお国柄、レストランやタクシーの支払いの際に「お釣りはいりません」と言うのは頷けるとして、スーパーのレジでも同じセリフを言う人の多いこと!

例えばスーパーの野菜売り場では↓
f0021504_2472490.jpg

値段をアップにすると↓
f0021504_2483166.jpg
主婦の心理をくすぐる9のマジック!
1kg240Ft(フォリント)ではなく239Ft。お得な感じがしますよね♪
(ちなみにこの野菜、日本かぼちゃと書いてあるのですがほんまかいな? 「南瓜のたいたん」作れるんやろか?)

他の商品も199Ftだったり599Ftだったり、9のオンパレード。支払い合計もやはり細かい金額になります。
そんな時に言うんですよ!
「お釣り(1Ftとか3Ftとか。人によっては10Ft以上だったりします)要らないわ」って。
うっそー! 1円ならぬ1Ftをそんなに粗末に扱ってええの?
ちりも積もれば山となるのにもったいない~!

そう考える私はいつもきちんとお釣りをもらっています。
ある時レジの人がお釣りをくれなかったので(数Ftでしたが)「お釣りは?」と聞くと「あーら、たった○Ftが欲しいの?」と非常に馬鹿にした口調で言われたことがあります。

「銭の花の色は清らかに白い。だが蕾は血がにじんだように赤く、その香りは汗の匂いがする」

と山水館の加代になりかけましたが(わかる人だけわかって下さい)、ハンガリー人には通じないので「たった○Ftって言うのなら、今度は○Ft少なく払ってもいいのね。たった○Ftだもんね。よーくわかりました!」と言ったら「すみません」と言ってお釣りをくれました。

チップは払う側の意思で渡すもので受け取る側が強要するものではない。ましてやスーパーのレジでなんでチップ払わなあかんねん! と思うのは私だけでしょうか?

前置きが長くなりましたが、この「小銭は要らないわ」の姿勢がなんと国レベルになり、来年3月1日からは1Ftと2Ft硬貨が廃止されるそうです。
(正確には、製造に1枚あたり数Ftの経費がかかるのに実際にあまり使う人がいない、との理由です。私は使うのに!)
詳しくはこちら(ハンガリー国立銀行HP/ハンガリー語)

HPによると
・1Ft、2Ft硬貨は来年2月末日まで使用可能
・クレジットカード、デビットカードによる支払いの場合は1Ft単位で実額が引き落とされる
・一度の支払いに同一硬貨は50枚まで使える、逆に言えば店は50枚までは受け取る義務がある
・3月1日以降、もし手元に1Ft、2Ft硬貨が残った場合は市中銀行及び郵便局では半年間、ハンガリー中央銀行では2013年3月1日まで両替に応じる
とのことです。

私がハンガリーに来た頃はフィレール(fillér)という単位があり、1フォリント=100フィレールでした。
数年後に廃止されたのですが、廃止される何ヶ月も前から事実上使えなくなり、価格には○フォリント○フィレールと記載されていても支払い時には全て切り上げられました。

今回も恐らく同様のことが起こるはず・・・と思っていたらTVニュースでは「政府は便乗値上げをしないよう指導しており、3月以降も価格は据え置き」とのこと。
支払い時に合計額を四捨五入ならぬ・・・う~ん、何と言えばいいのでしょう?
例えば合計額が
996Ftまたは997Ft→995Ft
998Ftまたは999Ft→1,000Ft
のように5Ft単位で二捨三入、七捨八入(こんな言葉はありません。バラード語です)するそうです。

「あんなややこしいこと出来ないって! 絶対に切り上げられるんだよ」と文句を言うと、夫は「まあいいじゃないか。どうせユーロが導入されたらまた便乗値上げされるんだし」と冷め切っています。
・・・っていうか、ユーロほんまに導入されると信じてるわけ???

***************

トラは・・・(泣)
いいんです、強い阪神なんて最近のこと。
子供の頃は「3強2弱1例外」とか「蚊帳の外」とか「最下位が指定席」とか「悔しかったらいっぺん優勝してみぃ」とか言われ続けてもずっと応援してきたんです。
そこらのニワカとは違います。これしきのことで落ち込みません。
クライマックスシリーズに出て目指すは日本一や~!
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-27 03:29 | ハンガリーあれこれ | Comments(23)

行間

ハンガリーでの生活情報満載のブログ「ブダペスト生活」を書いていらっしゃるbudapestlifeさんに念願叶ってお目にかかることが出来ました。

以前から情報の豊富さと正確さに感心していたのですが、お話を伺うと、テーマを決めてから徹底的に下調べをされるそうで、ご自身が調べた内容に納得されない場合はその記事の掲載を断念されることもあるとか。
また、古い記事の内容に変更があった場合は随時加筆修正もされているとのこと、ただただ頭が下がりました。
良質ブログの裏には大変なお骨折りがあるのですね。

実は「是非お会いしたい」と言い出したくせに、budapestlifeさんとのご対面には一抹の不安も感じていました。
「ブダペスト生活」をお読みになった方ならおわかりいただけると思うのですが、知性に溢れ冷静な文章をお書きになる方ですから、きっとNHKのアナウンサーみたいな真面目な方のはず。
私のようなおちゃらけ人間とは会話の歯車が合わないかも・・・。

こんな心配は杞憂に終りました。
文面通りの知的な方ですが、要所要所に関西弁を交えた巧みな話術にすっかり魅了されました。
こちらも関西弁で応酬し、笑いに笑って涙が出てくるほど・・・実に楽しい時間を共有させていただきました。ありがとうございました。

ブログやメールなど、文字だけのお付き合いでも行間から書き手のお人柄は伝わってきますね。
この人とは気が合いそう、会ってお話してみたい・・・そう思って実際にお目にかかると、驚くほどイメージ通りの方が登場するのは本当に面白く、不思議です。

さて、初対面なのでお互いがわかるか心配されていたbudapestlifeさんに「一目で絶対に私だとわかる格好で行きますからご安心下さい」と言い切った私は何を着て行ったでしょう?(笑)

***************

今日もトラの話はなし! と言いたいところですが一言。
グライシンガー、あんたはピッチャーやねんから打たんでええねん、打たんで!
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-23 03:58 | Comments(8)

スポンサー

今朝のテレビで、グライナーのヴァイオリン3台がブダペスト祝祭管弦楽団に寄贈されたことを知りました。

ヴァイオリンの名器といえばストラディヴァリやグァルネリなど、17世紀に作られたものを思い浮かべます。
ヴァイオリンは製作後200年から300年弾き続けてやっと美しい音を出すと聞いたこともあります。

そんな中で、現役のペーター・グライナー氏製作のヴァイオリンは、一流と呼ばれるヴァイオリニストの要求に応える素晴らしい楽器だそうです。
現に私の敬愛するテツラフもグライナーの楽器を愛用しています。

オーケストラがこの高価な楽器を3台も購入したのではなく、ある企業がスポンサーになり、楽器を買い取ってオケに寄贈したとのこと。
記者会見にはドイツからグライナー氏も出席していましたが、お若い方なんですね~!
もっとお年を召した方かと思っていました。
これからも素晴らしい楽器をどんどん世に送り出して下さることでしょう。
また、私はこのオーケストラが大好きで定期会員でもあるので、今後のコンサートが楽しみです。

それにしても、ヴァイオリン購入のスポンサーになるなんて夢があっていいですね♪
いつだったか、ハンガリーの宝くじ(ロト)の賞金が何十億にも膨れ上がった時に、「宝くじ当たったらどうする?」が挨拶代わりになったことがありました。
「仕事を辞めて、家を買って、車を買って、世界旅行して・・・」 周囲のハンガリー人は皆似たようなことを言ってましたが、私は「ストラディヴァリを買う!」と宣言して周りの顰蹙を買っていました。
大きな誤解ですよ~、私が弾くんじゃありませんよ~!
これと見込んだ有能な若手ヴァイオリニストに貸与するんです。
見返りは一切必要なし、一度だけ我が家で私のためだけに演奏してもらう。いいと思いませんか?
あ~、宝くじ当たらないかな~♪

***************

今日はトラの話はなし!
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-20 03:53 | 音楽、観劇 | Comments(4)

暗い曲

今日(9月16日)両親とチャットした時に、実家周辺の最高気温は35度近いと聞きました。
9月半ばでその気温ってどういうこと?
そんな時にデーゲームってどういうこと?
高校野球と違って連戦で、40歳近いおっちゃんもおるのに・・・アニキも矢野もえらいなあ。
でも竜に負けてしまいました・・・(泣)

こんな時は暗い曲を聴いてとことん落ち込みましょう。
以前、ピアノ愛好家仲間と「暗い曲でお薦めの曲は?」というテーマで盛り上がったことがあります。
フォーレを挙げる人が多かったかな。
私のお薦めはシューマンのピアノ五重奏曲第2楽章。
一面を雪と氷に覆われたシベリアの荒野に吹き付ける寒風、立っているのも困難なほどの厳寒。
(つい先日まで山崎豊子の「不毛地帯」を読んでましたので・・・)
色彩のない、白と灰色だけの世界に閉ざされたようでもあり、葬送行進曲のようでもあり、とにかく暗い曲です。

私の手持ちのCDはリヒテル&ボロディンSQ。
ボロディンSQオリジナルメンバーによる最後の録音ということもあり、緻密に計算された弦の重厚な響きとリヒテルのピアノががっぷりと4つに組んだ演奏。
メンバーが手を取り合って一歩一歩踏みしめながら進んでいくような、これぞ室内楽という演奏です。

先日ラジオから流れてきたシューマンの同じ曲。
コチシュのピアノ、弦はコチシュ率いる国立フィルの選抜メンバー。
ピアノを弾きながらも指揮者コチシュが前面に出て、ピアノが弦をぐいぐいと引っ張る演奏でした。
テンポもリヒテル&ボロディンに比べるとかなり早目で、第2楽章は真冬のシベリアの大地というよりは怒りに満ちた民衆の行進のようです。
暗いけど、「動」の暗さとでも言いましょうか。

リヒテル盤を長く愛聴していたので、コチシュの演奏は新鮮で、もっともっと他の奏者の解釈も聴いてみたくなりました。
お薦め盤があれば是非お知らせ下さい。(よしさ~ん、何かありませんか~?)

さて、どよ~んと暗い第2楽章に続く第3楽章は上昇スケールの連続でやたら明るく元気です。
トラも第3楽章のように上昇気流に乗ってもらいましょう♪
そしてフィナーレで勝利の喜びに沸きましょう♪
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-17 04:07 | 音楽、観劇 | Comments(4)

あれから1年・・・

「今までずっと嘘をついてきた」と首相の衝撃発言が引き金になり暴動が起こってからもうすぐ1年になります。

その後、何も変わっていません。
首相は相変わらず政権の座に着いたままです。
(日本とは大違いですね~。政治家ってこれくらい図太くないとやっていけないのかも)

今週末は大掛かりな反政府集会が開かれるようなので、私達は家でおとなしく過ごすつもりです。

ここ数日は気温も20℃前後で穏やかな天気が続いています。
週末の集会も平穏に終るといいのですが。
f0021504_32568.jpg


***************

球児がまた打たれました。
疲れが溜まってるんでしょうねえ~、頑張れ球児!

スタジアムに響き渡る歓声を吸い込~んで
あなたはゆっくり立~ち~上~がる~♪

奇跡のゴール、信じてまっせー!!!
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-15 03:16 | ハンガリーあれこれ | Comments(7)

ブランデンブルグ

いつもブログで数々の美しい曲を詳しい解説入りで紹介していらっしゃるよしさんが、先日の記事でハンガリー人フルーティストを取り上げて下さいました。
記事を読むとドラホシュの演奏が聴きたくなりましたが、家にCDあるかなあ?
実演には何度も接していますがCDは持ってないような・・・あ、ありました!
手持ちのブランデンブルグ協奏曲全集(フランツ・リスト室内楽団)のフルートはドラホシュです。
早速聴いてみると、よしさんも書いておられるように、地味だけど温かい音でとても癒されます。

ブランデンブルグの5番はパユ様を愛聴していますが、華やかなパユ様もいいけど、しっとりしたドラホシュもまた違った魅力があります。
喩えるとパユ様は黄金の煌き、ドラホシュはいぶし銀の渋さ。
パユ様は矢野でドラホシュは野口・・・ってまた野球ネタかいっ!(笑)

同じ曲でも奏者によって全然違った表情があり、その日の気分で聴き分けるのも楽しいですね。

上に「実演は何度も聴いた」と書きましたが、毎年6月頃に「バッハ週間」と呼ばれる週があり、ブダペストの新教(福音派)教会でバッハが演奏されるのですが、ドラホシュはここでいつも素晴らしいフルートを聞かせてくれます。
ヴァイオリン、チェロ、フルート、チェンバロ、協奏曲、オラトリオ・・・日替わりで盛りだくさんのプログラムなので私は欠かさず通っています。

会場の教会 (Evangélikus Templom)↓
f0021504_240264.jpg

教会内部です↓
f0021504_2361562.jpg
カトリックの教会と違い内装はいたってシンプルですが、その分音楽が直接心の奥深くに伝わってくるような気がします。
球児の150km/hを超えるストレートをど真ん中に投げ込まれたような感じ。(また野球かい!)

****************

トラさんは疲れたので一休み。JFK休養日でした。
しつこいですが、能見には野口やろ~!
今年はほんまに広島鬼門やわ・・・(泣)
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-12 02:49 | 音楽、観劇 | Comments(7)

気になって気になって・・・

キーシンのファンサイトは情報満載で充実しています。
中でもTour Scheduleは、かなり先まで予定が掲載されており非常に役立ちます。
今シーズンはコンチェルト弾きまくり。(私は来年のウィーン公演を聴きに行く予定)
来シーズンは、少し前まではベートーヴェンのOp.109とシューマンのノヴェレッテンと記載されていましたが、プログラムが変更になったようです。
スクリャービンとショパンだなんて、なんとまあ魅力的なプログラム。
ついにショパンのエチュードを披露して下さるのね、キャ~♪

で、一番下に
2010年3月1日 ワルシャワのフィルハルモニアにてショパン生誕200年記念コンサート
曲目 ショパン ピアノ協奏曲第2番

おおっ! これはすごいですよ!
キーシンはショパンの音楽を敬愛しているのに、ポーランドで「彼にはショパンは弾けない」と酷評されかなり傷ついたと聞いたことがあります。
ポーランド人の持つ根強い反ソ、反ロ感情が言わしめたものだと思うのですが・・・。
しかし、ワルシャワで開かれるショパン生誕200年記念コンサートのソリストに迎えられるなんて、晴れてポーランドでもキーシンのショパンが認められたわけで、ファンとしては嬉しい限りです。
このコンサートは一般客も聴きに行けるのかなあ? なんとかチケットを手配しなければ。

・・・と興奮していたのですが、ここで非常に気になることが!
キーシンが弾くのは「第2番」とはっきり記載されています。
でも、こういう記念コンサートでは当然第1番も演奏されるはずですよね。
ポーランドが国を挙げての大事業で、キーシンと同じステージで第1番を演奏する大役を果たすのは「あの方」以外に思いつかないんですけど。た、隊長~!
調査隊隊員の皆様、各方面での抜かりない調査をよろしくお願い致します!
(どなたか11月にご本人を直撃するつわものはいませんか~?)

土曜日に珍しく夫とカフェで待ち合わせました。
いつも一緒に出かけるので「待ち合わせ」なんて何年ぶりでしょう。新鮮でした♪
たまにはこういうのもいいですね。
f0021504_044434.jpg


***************

トラ10連勝!
球児大丈夫かな? 有馬でのんびり休ませてあげたい~。
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-10 00:50 | 音楽、観劇 | Comments(12)

誰も寝てはならぬ

パヴァロッティ死去のニュースに悲嘆にくれています。
もう、あのKing of high Cと呼ばれた美しい声を聴くことは出来ないのですね。

パヴァロッティといえばトゥーランドットのカラフ王子のアリア「誰も寝てはならぬ」がテーマソングのようになりましたね。
先程YouTubeで「Pavarotti Nessun dorma」で検索したら出てくること出てくること・・・。
私はこれが好きです。
1982年、ロンドンのロイヤルアルバートホール。歌い終わるやいなやのスタンディングオベイション。
本当に本当に美しい声ですね。鳥肌が立って涙が出てきました。
ライナスの毛布ならぬパヴァロッティの白いハンカチがご愛嬌。あれを持たないと歌えないとか。
人間的にも非常に魅力に溢れた方だったと聞きます。もっともっとお元気でいてほしかった・・・
合掌。

Nessun dormaでヒットした中に、なんとマリオ・デル・モナコの映像がありました!
子供の頃にレコードで(歳が・・・)よく聴いたのですが、映像を見るのは初めて。
なんと色気があるんでしょう♪
私がトゥーランドット姫なら、こんな素敵なカラフ王子には難題を出さずに即結婚します♪
(こらこら)

*****************

トラ8連勝☆☆☆☆☆☆☆☆
ホームラン7本も打って負けるって、小人は一体何をしてるんでしょう?
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-08 04:09 | 音楽、観劇 | Comments(12)

こんなん売ってた!

今日のブダペストの最高気温は12℃でした。
7月下旬には40℃以上の酷暑で命を落とした人もいたのに、一体この国のお天気はどうなっているのでしょう?

ところで、いつも行くスーパーで見つけました↓
f0021504_4213468.jpg

「わさびグリーン豆」って日本語で書いてあるし~♪
裏の表示を見たらタイ製品でしたが、こちらのスーパーで日本語を見るのは嬉しいものです。

最近は和食に必要な食材も手に入りやすくなりました。
でも、「あれがない、これもない、あっても高くてまずい」と文句を言い、帰国の度に日本からどっさり食料品を持って帰るのが常でした。

ところが最近、とあるサイトで、あれもこれも手作り出来ることがわかりました。
私もうどんや豚まんは何度か作りましたが、そんなの朝飯前。
お豆腐も納豆も、カルピスだって手作り出来るそうですよ。すごいですね~!

今まで文句ばかり言っていた自分が恥ずかしくなりました。
あれがないなら作ればいい。
これがまずければ作ればいい。
こんな簡単なことがわからなかったなんて・・・。

目標は美味しいお豆腐(とおから)を作ること。気合入れて頑張るぞ~! 

*********************

トラは2位に浮上です。首位の背中が見えてきましたね。ふっふっふ・・・。
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-06 04:41 | 食べ物 | Comments(30)

プレゼント

最近、夫は仕事が忙しくかなり疲れているようです。
こればかりは私が代わってあげるわけにもいかないし、せめて何か出来ることをしてあげたい。(なんていい妻なんでしょう! ←誰も言ってくれないから自分で言います)

そうやん、ものすごく欲しがっていた虫(詳しくはこの記事の一番下の写真をご参照下さい)をプレゼントしたら喜んで元気出るんちゃう?
早速お店に行きました。

ところが・・・
f0021504_0184812.jpg

虫は相変わらずええ場所にいてはるんですけど、左の方に・・・
f0021504_0151325.jpg
こんなええもんがおますやん! (前に見た時はなかったはず)

よっしゃあ! 「虫買っていいよ、その代わり私も欲しいものあるんだけどそれも買ってね」作戦決行や~!
(やはりいい妻になれなかった私・・・)

ちなみにこれはヘレンド、ジョルナイに次ぐハンガリーの磁器ホローハーザ(Hollóháza)のお店です。
ヘレンドに比べればかなりお手頃価格なので、ここの食器は普段使いにお薦めです。

****************

トラはもう負ける気がしません!
のぉみぃぃ~~♪ でものぐっさんじゃなかった・・・。
球児お疲れ様・・・岡田監督はセーブ付くと思てはったみたいですけど、付かなかったのねえ。
[PR]
by ballade4fmoll | 2007-09-05 00:36 | | Comments(14)


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

お留守番
at 2017-11-13 19:22
家の前の道
at 2017-10-12 17:04
新しい地図
at 2017-09-25 19:18
こんなんおった
at 2017-09-10 04:05
しつこくZed
at 2017-08-28 23:11

最新のコメント

> 南河内郎女さん こ..
by ballade4fmoll at 05:31
大阪市内に住んでいる私に..
by 南河内郎女 at 17:45
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 18:58
赤白緑さま  無沙汰し..
by Yozakura at 16:33
> ぶーちゃんさん 庭..
by ballade4fmoll at 20:26
> はげみさん 楽しみ..
by ballade4fmoll at 20:21

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧