<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

CDとネクタイとツーショット

この一週間は雨が続き、ドナウ川の水位もかなり上がって、オーストリアでは洪水の被害も出ているとか。
ブダペストでは明日(28日日曜日)に最も水位が高くなるそうです。
お天気のせいか頭痛がひどいので、今日は家でのんびりCDをきいて過ごしました。

先日ウィーンで買ったキー様カタカナサイン入りプロコフィエフピアノ協奏曲No.2&No.3
アシュケナージ指揮フィルハーモニア管との共演です。

このCDはとても楽しみでした。
というのも私はアシュケナージのプロコフィエフピアノ協奏曲全集(プレヴィン&ロンドン響)のLPを子供の頃から愛聴しており、この曲を知り尽くしたアシュケナージが指揮者としてキーシンにどのように対するのか興味津々でした。

いやあ~、予想以上に素晴らしかった!
素人考えですが、ピアニストとしてこの曲を得意レパートリーとしていたアシュケナージは、まさに痒いところに手が届く指揮ぶりで、何をどうすればピアニストが弾きやすいか知り尽くしていて、ピアニストを上手くのせているように思います。
キーシンは実にのびのびとダイナミックに演奏していて、きっと演奏中は「弾きやすさ」に気分上々だったのではないでしょうか。
2番の第1楽章のカデンツァが圧巻でした。

ウィーンではもうひとつ、去年出たのにまだブダペストでは見かけないベートーヴェン ピアノ協奏曲全集も買いました。
こちらはコリン・デイヴィス&ロンドン響。
ピアノとオケががっぷり四つに組んだ演奏。デイヴィスはピアニストをのせると言うよりは、ピアノに対抗するかのような指揮。
キーシンもそれに応じて全力でぶつかっていくような演奏です。

ところで、ネットで面白い画像を拾いました。キーシンのネクタイに注目です!

f0021504_40213.jpg


グランドピアノ柄!


なんか・・・う~ん、音楽のセンスはいいのにファッションセンスはようわからん人ですなあ。

こちらは私が2年前にウィーンで撮ったものです。
f0021504_443996.jpg
f0021504_445273.jpg


楽譜柄です060.gifはいはい、ほんまに音楽が好きなんですねえ、キー様。

誤解の無いように書いておきますが、私はいつも楽屋に押しかけるわけではなくて、この時は隣に座っていたキーシンのお母さんにコンサート終了後「素晴らしい演奏でした」と言ったら「息子に直接言ってあげて、喜ぶから」と言われて楽屋に行ったんです。
その時にいきなり上沼恵美子が乗り移って「ハンガリーに来て!」攻撃をし、本当に来て下さることになったので、今年はお礼を言いに楽屋に伺いました。
だから私がキーシンとお話したのはこの2回だけです。


********************

トラは・・・007.gif
あ、でも先日ニッカンスポーツ虎フォトでとてもいい画像を見つけたんですよ♪

f0021504_4203453.jpg


猛虎の要、矢野選手と田中慎太朗選手のツーショットです。
鳴尾浜で調整中の矢野さんはそろそろ一軍に復帰ですよね?
慎太朗君、お正月にはアニキと新井ちゃんに可愛がられ、今は矢野さん!
いじられるだけやのうて、一軍の一流選手の技を盗むんやで~~! 頑張りや~~~!
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-28 04:23 | 音楽 | Comments(27)

ウィーンも工事中

「あのキーシン君もアラフォーかぁ!」と妹からメールが来ました。アラフォーって。(笑)

さて、ウィーンについても簡単に書いておきます。
西駅に着いたらいきなり駅舎改装工事中。
いつもならまっすぐ進んで出口を出てすぐ地下鉄に乗れるのに、今回は柵に沿って大回りさせられました。
工事してるなんて知らんかったわ~!
夏で荷物少なくてよかった。(例によって私より夫の荷物が断然多いです)

中心街に出ると、ケルントナー通りもグラーベンも工事中。
道を掘り返してかなり大規模な工事で、砂埃は舞うし道の端っこしか通れないし、おまけにグラーベンにあった大好きなカフェが閉まっていました。
工事による一時的な閉店ではなく、お店自体が無くなってしまったみたいでめっちゃショックです007.gif
老舗のお店がなくなるなんて・・・。(rbhhさ~ん、例のあのお店ですよ~!)

工事中のグラーベン。
f0021504_4255595.jpg

看板には「ただいまフェイスリフト中」と書いてありました。

シュテファン寺院の横に模型がありました。
f0021504_4275099.jpg

寺院自体も大規模な改装工事中。もう何年も前から工事が続いています。いつまでかかるんでしょう?
多分ブダペストのマーチャーシュ教会よりは先に終わるでしょうね。
(マーチャーシュ教会の工事はゼ~んぜん進んでません。地下鉄4号線然り。嗚呼・・・)

旧市街は工事だらけなのでオペラ座前からぶらぶらとリンク沿いに歩きました。
f0021504_431898.jpg


博物館前に鎮座するマリア・テレジア。
f0021504_4314021.jpg


f0021504_4322061.jpg


こういうの見るとベルばらごっこしたくなりますが、夫相手だと出来ません。ああつまらない!
(両親とベルサイユ宮殿に行った時にものすごく混んでいて、「今日はベルサイユは大変な人ですこと」と言ったら即座に「オーホホホホ!」とデュバリー夫人になりきった母に感謝←ただのアホな親子やん)

あまり写真もおもろいネタもありません。というのも、今はちょうどバーゲンの時期なんです! 
だから「キーシンが弾く」とわかって安心してからはものすごく物欲に走り、服やら靴やら買いまくり。
おかげで帰りの荷物が増えて・・・西駅工事中やから荷物増やさんとこ、と着いた時は思ったのにすっかり忘れてました。
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-25 04:41 | Comments(8)

エフゲニー・キーシン@ウィーン楽友協会

キーシンを聴きにウィーンに行ってきました。

昨シーズン病気でコンサートを1ヶ月以上キャンセルしたキーシン。
6月14日のハンブルグ公演をキャンセルしたと聞いてからは「また病気が長引くのか?」「そもそもキーシンの病気って何?」等と思い悩み、毎日楽友協会のサイトをチェックして「まだキャンセルって書いてない」「でもサイトが更新されてないだけかも」とイライラし、夫に「僕が病気になってもここまで心配してくれないよね」と拗ねられるほどでした。

6月18日、ウィーンに到着後すぐ楽友協会に行きました。
いつもは予約したチケットを開演直前に受け取り、そのまま会場に入るのですが、今回は演奏会があるのかどうか、いち早く確認したかったからです。

会場周辺のキーシンのポスターに何か貼ってある! やっぱりキャンセルや・・・

f0021504_5563669.jpg


・・・と落ち込んでいたら、夫が「チケット売り切れって書いてあるよ」と教えてくれました。ああ、ドイツ語勉強した方がいいですね・・・。

チケット売り場の人に「今日キーシン弾くんですか?」と聞いたら「大丈夫ですよ、2日前にウィーンに来て毎日リハーサルしています」とのお答え。
安心して全身の力が抜けました。

午後7時頃の楽友協会入口の様子。
f0021504_5575524.jpg


今回はやや後方の席でした。
f0021504_5582268.jpg


プログラムは4月の日本公演と同じ。(上のポスターとは少し違います)

プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」より 
         ジュリエット、マキューシオ、モンターギュ家とキャプレット家
       ピアノソナタ第8番

ショパン:幻想ポロネーズ
    マズルカ op.30-4, op41-4, op59-1
    エチュード op.10-1, 2, 3, 4, 12 op.25-5, 6, 11

キーシン登場。あれ?
パリ公演を聴かれたビズさんもおっしゃっていましたが、お辞儀の仕方が違うんです。
キーシンと言えば「どや!」と決めのポーズ→カックンとロボットみたいなお辞儀なのに、なんか普通にお辞儀してます。
なんでやろ? やっぱり体調悪くて「どや!」するのしんどいんやろか?

ロミジュリはもともとオケの曲ですが、キーシンの多彩な音色はオーケスラに比肩します。
そういえばキーシンってバレリーナと噂ありましたよねえ、やっぱりバレエ音楽が好きなのかな。

私は「予習」と称して少し前から家で今回のプログラムを弾いていました。
でも、どうしても好きになれなかったのがプロコのソナタ。
正確に言えば「好きになれない」のではなく「難しくて弾けないし、わけがわからない」のです。
「どうせ戦争ソナタ弾くんやったら6番か7番にしてくれたらよかったのに!」とキーシンを逆恨みするほどでした。

でも、実際に演奏を聴いて「ああ、わかった! そういうことやったんか!」と、何と言えばいいのでしょう、目の前で絡まった糸が解かれていくような、迷路の出口が開けるような、キーシンがこの曲の魅力を丁寧に解説してくれるようでした。
ああ、こんないい曲やったらもっとちゃんと練習しよ・・・ってやっぱり弾くの難しい~!
とにかく、私にとってはこの曲を聴けただけでウィーンに来た甲斐があったと思えるほど素晴らしい演奏でした。
会場からは割れんばかりの拍手と大歓声でした。


後半のショパンを聴きながら、ピアノの先生の「ショパンはメロディ自体がロマンティックだから過度なルバートは不要。ルバートし過ぎると下品になる。かといってかっちり弾いても味がない。とにかく楽譜通りに弾きなさい」とおっしゃる声が耳の奥に聞こえてきました。
私は特にop.30‐4のマズルカが大好きなのですが、絶妙のルバートにため息が出ました。

エチュードは前にアンコールでop.10‐4を聴いて以来(詳しくはこちら)、「キーシンのエチュードが聴きたい」と願っていた夢が一部叶いました。
なんで全曲弾いてくれへんの~? 
10-4を弾き終わった瞬間盛大な拍手が沸き起こりましたが、それよりも10-2やん!
10-2は半音階の練習曲で、派手さはないけれど弾くのはメチャメチャ難しいんですよ。
それと3度(25-6)! あんな流れるようなきれいな3度が聴けるなんて!
革命や木枯らしもいいけれど、半音階や3度の正確さ、美しさはもう何と表現していいかわかりません。

アンコールは

ショパン:ノクターンOp.48-2
プロコフィエフ:悪魔的暗示
シューベルト(リスト編曲):ウィーンの夜会第6番

でした。
ノクターンは何年か前にちょっとした集まりで弾いたことのある思い出の曲。
プロコの悪魔的暗示は日本のアンコールで弾いたと聞いてからずっと「キーシンの悪魔的暗示を聴きたい」と願っていた曲。
ウィーンの夜会はウィーンの聴衆へのプレゼントでしょうね。
どれも、あれだけのプログラムの後のアンコールとは思えない迫力と繊細さを兼ね備えた見事な演奏でした。


さて、ここからミーハー炸裂です。
演奏の後楽屋にお邪魔しました。
リサイタルが終わったのが10時頃だったので家路を急ぐ人が多く、楽屋前には40人程のファンがいました。
「サイン会」のような流れ作業とは違い、キーシンはファン一人一人に丁寧に応対します。
私の番になって、「素晴らしい演奏を聴かせて下さってありがとうございました」と言ったら、キーシン何と答えたと思います?
「Thank you for coming」ですよ、来てくれてありがとうって、いや~ん、なんて謙虚なの!
キー様にお礼を言われるなんてね~♪

「来年ハンガリーで演奏されますね?」
「はい、2010年11月17日にブダペストで演奏します」(すごい記憶力!)
「ブダペストにいらっしゃるのを楽しみにしています」と言ったらじっと私の顔を見て「前にもあなたとお話したことがありますね」(すごい記憶力!!)
「はい、あの時(詳しくはこちら)はハンガリーで演奏の予定はないとおっしゃっていましたが、やっとハンガリーに来て下さることになって本当に嬉しいです」と言いながらも「うわ~、キーシン私のこと覚えてくれてはったんや~!」とドキドキして「私は日本人ですがハンガリーに住んでいます」とか、一人でハイになって喋っていたら「4月に日本で演奏しました」とキー様。
「日本の友達が皆キーシンさんの演奏は素晴らしかったと言っていました。だから今日をとても楽しみにしていたんです。ハンブルグをキャンセルしたと聞いて心配していました・・・あ、サインをお願いできますか?」とプロコのCDを差し出すと・・・

f0021504_5592947.jpg


噂のカタカナサインを頂きました。キー様、「エフゲニー」も練習しませんか?(笑) 

それと・・・実はキー様とツーショットの写真も撮ったんです。一生の宝やわ~♪
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-21 06:04 | 音楽 | Comments(42)

キーシン

6月18日、ウィーン楽友協会でキーシンを聴いてきました。
14日のハンブルグでのリサイタルを病気でキャンセルしたと聞いて以来ずっと心配していたのですが、ウィーンのステージに登場しました。
また改めて感想を書きたいと思います。

取り急ぎお知らせまで。
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-20 04:24 | 音楽 | Comments(8)

週末は自然の中で

今日も午前中に中央市場に買い物に行きました。
本当は毎日行きたいぐらいですが、土曜の午前中以外はなかなか時間がなくて行けないのが残念です。
(中央市場の営業時間は平日午前6時~午後6時、土曜日午前6時~午後3時。日曜日はお休みです)
この時期は市場に入った瞬間、果物や野菜の美味しそうな匂いが漂って購買意欲をそそられます。

今日はイチゴ、西瓜、さくらんぼ、グリーンピースなどを買いました。
他に卵や肉も買ったし、かなりの重さです。ああしんど!
フルーツスープグリーンピースのフューゼレークを作りました。(作り方はリンク先をご覧下さい)
さくらんぼの種を取ると甘い香りが、グリーンピースをさやから外す時にはちょっと青臭い匂いが台所に満ちて、窓の外からは鳥のさえずりが聞こえてきて、街の真ん中に住んでいるのになんだか自然の中にいるような錯覚を起こします。
また、この時期はクロウタドリ(fekete rigó)が毎朝4時過ぎに大声で鳴いて起こしてくれます。
(今は日が長く、午前4時過ぎに明るくなります)
鳥の鳴き声で目覚めるのは嬉しいけど早すぎるっちゅーねん! せめて6時過ぎてから鳴いてくれたらいいのに。

***************

トラ、あきまへんなあ・・・。
それよりも、humikaさんから頂いたコメントによると、キーシンが病気でハンブルグ公演をキャンセルしたそうではありませんか!
今回のプロコ&ショパンプロが発表されて以来(2年以上前から)ずっとずっと楽しみにしていたのに、もしウィーンのリサイタルもキャンセルになったら立ち直れません。
神様、キーシンの病気を一日も早く治して下さい。そのためならトラが連敗しても文句言いません。(こらこら!)
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-14 04:12 | 食べ物 | Comments(14)

マーグヤラカーシュの作り方

【材料】

カラーチ(kalács 白くて甘いパン。日本で作る場合は食パンで代用して下さい) 250 g

A
牛乳 500 ml
レモンの皮をすりおろしたもの 1 個分
ヴァニラエッセンス 少々

B
卵黄 5 個分
砂糖 70 g

C
胡桃(細かく刻んだもの。あるいはお店で頼むと挽いてくれます) 100g

D
リンゴ 600 g
砂糖 30 g
レモンの絞り汁 1 個分
シナモン 少々

アプリコットジャム

E
卵白 5 個分
砂糖 70 g

【作り方】

① 耐熱容器(23 X 33cm←目安です。うちの容器がこの大きさなので)にバターを塗る。
② カラーチを切ってボウルに入れる。
③ Aの牛乳を火にかけ、レモンの皮をすりおろしたものとヴァニラエッセンスを加えて温める。
④ 沸騰したら②のボウルに加える。
⑤ Bの卵黄と砂糖を混ぜて泡立て、②のボウルに加える。
⑥ ⑤のカラーチ、牛乳、卵黄をよく混ぜて耐熱容器に入れて表面を平らにする。
  上にCの胡桃をまんべんなくかける。
⑦ Dのリンゴは皮をむいて小さく切り(私は目の粗いチーズおろし器でおろします)鍋に入れてレモンの絞り汁、砂糖、シナモンを加えて蓋をして蒸し煮にする。
⑧  リンゴに火が通って柔らかくなったら⑥の上にのせ、180 ℃に温めたオーヴンで約20分焼く。
⑨ 焼けたら表面全体にアプリコットジャムを塗る。
⑩ Eの卵白に砂糖を加えて角が立つまで泡立てる。
⑪ ⑨上に⑩の卵白をのせ、表面に粉砂糖をふりかけて170℃のオーヴンで約10分焼いて出来上がり。

作り方を書いたけど、これを見て「作ろう!」と思う人はいるのでしょうか・・・?
砂糖の量は好みで減らして下さい。

おまけ♪
父の大好きなアカシアの花が満開です。
そういえばハンガリー産のアカシアの蜂蜜は日本でも有名だそうですね。

f0021504_2462247.jpg


************************

マー君8勝目おめでとう!
え? トラ? えーっとねえ・・・あ、そうそう、キドタローさんが最近の田中慎太朗君の様子をまとめて下さいました。キドタローさんありがとうございました。
矢野さんにバットをおねだりするなんて心臓強いですね~。(笑)
頑張れ慎太朗君!!
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-12 02:48 | 食べ物 | Comments(6)

猛虎電話とマーグヤラカーシュ

電話機の調子が悪くなったので、夫が新しいのを買ってきました。
これです。
f0021504_10986.jpg


黄色と黒の猛虎カラー、どや!

それにしても、私は何も言っていないのにこういう色合いの電話機を選ぶなんて、彼も妻に相当洗脳されたのでしょうか?(笑)
せっかくだから集合写真♪
f0021504_125515.jpg

左から、夫の携帯、固定電話、私の携帯です。
固定電話ってほとんど使ってないんですけど、たま~~にFax来ることがあるからそのためだけにあるって感じです。
携帯もあまり電話としては使ってませんね。もっぱらカメラ、ラジオ、メモ帳として使ってます。
そういえばハンガリーの携帯でも日本語でメールが出来る機種があるそうです。
実際に使っている人に見せてもらいましたが便利ですね~♪
日本語のウェブサイトもチェック出来るみたいなので、もし私が持ったら仕事中もずっと野球速報を見て怒られそうです。(笑)

猛虎電話を買ってくれた猛虎魂溢れる(?)夫のリクエストに応えて、今日のお昼はマーグヤラカーシュ(Máglyarakás)。

何それ?

えーっと、パンプディングの上に胡桃、リンゴの甘煮、アプリコットジャムをのせて、その上からメレンゲをかけて焼いたものです。

オーヴンから取り出したところ。
f0021504_1582495.jpg


切るとこのようになっています。
f0021504_20533.jpg


それってデザートちゃうん?

はい、日本人の感覚だとデザートですね。
でもハンガリー人は具沢山のスープ(グヤーシュなど)と甘い物で「立派な食事」だと言い張るんです。
今日はグヤーシュがあまり好きではない夫曰く「軽い食事」のレチョーの後にマーグヤラカーシュを食べました。食べ過ぎやって!

マーグヤラカーシュの作り方はまた改めて。(というか、知りたい方はいらっしゃいますか? すごい高カロリーですよ)
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-08 02:04 | 食べ物 | Comments(12)

そら豆=馬豆?

f0021504_301813.jpg
中央市場でそら豆を見つけました。
ハンガリー語では「lóbab」と呼ぶそうです。

ló=馬
bab=豆

なぜ馬?

そら豆といえば淡い黄緑色のはずなのに、今日市場で見た豆は茶色くなったものもたくさんありました。
茶色が馬の色だから? まさかね~。

そら豆といえば思い出すのが子供の頃に読んだお話を思い出します。。
詳しいあらすじは覚えていませんが、そらまめ君が大笑いした拍子にお腹の皮が破れてしまい、それを縫ってもらう時に黒い糸しかなかったから、今でもそらまめには黒い筋があるというものです。

「あ、このそらまめ君も黒い糸や」「これもやん! お母さん、昔は緑の糸無かったん?」としつこく母に聞いたのを今でも覚えています。(ただのアホな子やん)
ぺちょっとした形と黒い糸(じゃないけど)が可愛くて、昔からそら豆は大好きでした。
今日市場で見つけて嬉しかったけど、茶色いそら豆ってなあ・・・と手を出せずに帰宅しました。
そのうちきれいな黄緑色のそらまめ君にお目にかかりたいものです。

市場の入口でとてもいい香りがしたので、磁石で吸い寄せられるようにそちらに向かうとラヴェンダー(ハンガリー語でlevendula)を売っていました。
ラヴェンダーをタンスに入れておくと虫除けになるそうです。
あんないい香りなのに虫はラヴェンダーの香りが苦手だなんて面白いですね。
早速何束か買い、帰宅後タンスの中の去年のラヴェンダーと取替えました。

ラヴェンダーは不眠症にも効くそうです。
寝室に置いてもいいし、ラヴェンダーのお茶を飲むのもいいそうです。
薬草屋さん(Herbária)でラヴェンダーの花を乾燥させたものが手に入ります。
私はこのお茶の香りが好きでよく飲みますが、確かに飲んだ日は夢も見ないで熟睡出来ます。
疲れている時にはお茶の香りを楽しみながらゆっくり飲むとリラックスできます。

***************

トラ、マー君に勝ってから上昇気流に乗りましたね!
ウサギに追いつき追い越せ~~~!
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-07 03:27 | ハンガリーあれこれ | Comments(10)

切符売り場

再来週ウィーンに行くので、仕事帰りに切符を買いに東駅に行きました。

国際切符売り場のある駅北側(Tököly út)のロビーがすごくきれいになっていてびっくり!

f0021504_393429.jpg


f0021504_3104177.jpg


ハンガリーの画家ロッツ・カーロイ(Lotz Károly)のフレスコ画が昨年夏に修復され、このロビーはロッツの間(Lotz-terem)と呼ばれています。
話には聞いていたものの実際に見るのは今日が初めて。
美術館ではなく普段の生活圏の中でこのような見事な絵が見られるなんて幸せなことですね。
今まで滅多にこのロビーに来ることがなかったのですが、これからは特に用がなくてもふらっと立ち寄りそうです。

切符売り場は相変わらず混んでいてうんざりしていたら、都心にも切符売り場が出来たそうじゃあーりませんか!

Budapest V. József Attila utca 16

地下鉄デアーク広場(Deák tér)やケンピンスキーホテルのすぐ近くです。
次からはここに行こうっと。

*************************

トラがマー君に勝ちました! すごいすごい!!
試合前から「今日はあかん」と諦めていたので喜びもひとしおです。
ただ、試合経過を見たらマー君7回まで完璧ピッチングだったのに8回に急に崩れたようですね。
どこか故障してなければいいけど・・・。
[PR]
by ballade4fmoll | 2009-06-04 03:22 | ハンガリーあれこれ | Comments(14)


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

暑い~!
at 2017-06-13 21:10
こんなん売ってた…けどどない..
at 2017-06-07 02:58
パユ様
at 2017-06-01 00:13
ハチャトゥリアンのヴァイオリ..
at 2017-05-17 00:54
最近観た映画
at 2017-05-15 21:09

最新のコメント

> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:11
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 20:09
> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 18:42
赤白緑さま  連続して..
by Yozakura at 10:59
赤白緑さま  1ヶ月遅..
by Yozakura at 10:37
赤白緑さま  無沙..
by Yozakura at 10:06

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧