<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

初雪

今朝起きて窓の外を見たら真っ白! 初雪です。
私の住む辺りは昼間にあらかた解けてしまったのですが・・・
f0021504_45859.jpg

来週火曜日は最高気温がマイナス2℃って・・・005.gif
いよいよ冬の到来です。

ところで先週のリサイタル以来、【キー様夢の世界】からなかなか現実世界に戻って来ることが出来ずぼーっとしてブログも書けませんでしたが、ネタはあるんですよ。

えっと、まずはリサイタル当日の新聞記事。(こちら) 
相変わらずのファッションセンスでございますわ、キー様。

25年ぶりのブダペスト、前回訪問時に14歳の誕生日を迎えたそうで、ブダペストのことは「よく覚えています。皆さんに大変親切にしていただきました」とのこと。
「当時、体制に利用されていると思いませんでしたか?」との質問には「14歳でそんなこと考えも及びません」。
「ではその後当時を振り返ってどう思われますか?」と聞かれて「そうですね、彼らにもう少し知性があればもっと僕を上手く利用することが出来たはずなのに、とは思いますね。大体ハンガリーに来ることにも難色を示したんですよ。僕の演奏会を聴きに来ていた日本の音楽事務所が僕を日本に招聘しようとしたのを断ったり。やり方が下手ですよね」
キー様なかなかお厳しい。(笑)

で、イギリス国籍を取ったけどロシア国籍も保持しているとか、室内楽より断然ソロが好きとか、聴衆と音楽の素晴らしさを分かち合うのが幸せとか、過去のインタヴューでも読んだことのある内容でした。
まあ、どこに行っても同じようなこと聞かれるんですね。

で、ミーハーな私には冒頭部分が面白かったです。
インタヴューアーがリハーサル室の前で待っていたら、中からバラ1をさらう音が聴こえ、やがて音が止んだのでノックをして部屋に入ったら、キー様お着替え中だったそうな。
で、そこで慌てず騒がずキーちゃんは「どうぞ」と中に招いて悠々と着替えたそうでございます。
大物はそんなことで動じないのね~。(笑)

で、先週日曜日(11/21)の夜になんとハンガリーTVでリサイタルの一部とインタヴューやリハ風景が放映されたんです!!
仕事早いよ、ハンガリーTV! やれば出来るやんハンガリー!

ピアノ選びはぱらぱら~っと弾いて「これにします」と、割とさっさと決めてました。
リサイタルは、アンコールの演奏の後観客総立ちの様子も映っていました。
ハンガリーでスタンディングオヴェイションってものすごく珍しいことなんです。
リヒテルのリサイタルでも皆座っていたし。

インタヴューで「昨夜コチシュと食事に行って・・・」とキー様。
音楽観について語り合い、大いに盛り上がったそうですが、あの2人がお食事って・・・コチシュと仲いいの、キー様?
2人が食事するシーンを想像して・・・う~ん、その場に居合わせたいような居たくないような。(笑)

「ベートーヴェンは難しいです。ピアノをオーケストラと捉えているから。ベートーヴェンへの理解を深めるためにピアノ協奏曲全曲を各地で演奏しました。異なる指揮者、異なるオーケストラとの演奏を重ねたことでベートーヴェンのオーケストレーションに対する理解が深まり、その後はベートーヴェンが大変身近に感じられ、ピアノソナタを演奏するのが楽しくなりました」
私は2005年にウィーンでベト全曲演奏を聴きました。(ローレンス・フォースター&ウィーン交響楽団と共演)
その時の1番と2番の演奏が特に気に入って、初期のピアノソナタを聴いてみたいと思ったら、翌2006年にOp.2-3と告別を聴くことが出来ました。あのOp.2-3は本当に素晴らしかった!(その時の感想はこちら

で、可笑しかったのが「国際的に大活躍するピアニストですが素顔は物静かです。マネージャーに要求したのは『楽屋に強力ヘアスプレーを切らさないこと』でした。本番で髪が広がると気になって演奏に集中出来ないそうです」とのナレーション。

本番で髪が広がると気になって演奏に集中出来ない・・・

本番で髪が広がると気になって演奏に集中出来ない・・・

本番で髪が広がると気になって演奏に集中出来ない・・・
キーちゃん・・・005.gif



<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-28 06:03 | 音楽、観劇 | Comments(16)

応援ありがとう!2010

まだキーシンの世界から現実に戻ってこられずボーっとしている間に阪神公式サイト恒例の「応援ありがとう!」2010年版がアップされました。
こちらです。

かみまくりの藤井ちゃんがめちゃめちゃ可愛いです~♪



<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-21 00:15 | 野球、スポーツ | Comments(4)

エフゲニー・キーシン@バルトークホール

行ってきました~~~~~♪

Jevgenyij Kiszin (Evgeny Kissin) zongoraestje

2010. november 17. (szerda), 19.30
Bartók Béla Nemzeti Hangversenyterem

Műsor:
Schumann: Fantasiestücke, Op. 12,
Novelette, op. 21/8
‐‐‐
Chopin: 4 ballada


「ハンガリーに来て下さい」の直訴が功を奏して(?)キー様がなんと25年ぶりにブダペストに!

今から25年前の1985年、神童キーシン君は西側デビューの前にブダペストとベルリンでリサイタルをしました。
この2都市は共産圏ではあるものの西側との交流が活発で、「神童キーシン」を売り出したいソ連は彼がどこまで通用するか、まずこの2都市で様子を見たのでしょう。
その時の演奏を聴いた友人は「最初ステージに出てきた時に『この子は前座で何か弾くのかしら』と思ったの。まさかあんな小さな男の子がこんなプログラムを弾くなんて!と驚いたわ」と言っていました。
翌86年に初来日、その後の活躍は皆さんよく御存知の通りです。

話はそれますが、その昔、鉄のカーテンの向こうでひっそりと演奏活動を行っていたリヒテルがブダペストで弾いた時、たまたまウィーンから来ていた音楽評論家の耳に留まったのがきっかけで国際的な活動をするようになったと聞いたことがあります。
ベルリンの壁とソ連邦が崩壊するまでは、ブダペストは「西側に出るための大事なステップ」だったのでしょう。

今回のプログラムはヴェルビエやザルツブルグで既に披露済み。
ショパンのバラードは10年ほど前に録音したCDを持っていますが、CDより一回りも二回りもスケールの大きくなった夏の音楽祭の演奏を聴いて、早く生バラードを聴きたい!と心待ちにしていました。

会場はMupa(芸術宮殿)バルトークホール・・・何度も書いていますが私はこの会場が苦手です。
広過ぎてピアノリサイタルには不向き。
一体どの辺りの席をとればいいのかまだよくわかりません。
今回はシリーズ券発売の案内を読んですぐに事務所にシングルチケットの発売日を問い合わせたら「この席なら今すぐ手配出来ます」と回答のあった席を即座に申し込みました。

f0021504_552272.jpg

本当はもう少し後ろの方がよかったのですけど。

写真でご覧の通りステージ上にも席がありました。
この会場でステージ上の席なんて初めて見ました。
もちろん満席、キーシンの人気の高さが伺えますね。

客席にはピアニストを始めハンガリーの音楽家が勢揃い、おまけにハンガリー大統領もご臨席。
興奮がいやが上にも高まります。
キーシンが出てくる直前に「今日の演奏は録音しますので、演奏中は出来るだけ物音を立てないようにお願いします」と招聘者から話がありました。
そのうちラジオで放送するのでしょうか?
バルトークラジオはインターネットでも聴けますので、もし放送予定がわかったらまたお知らせします。

いよいよキーシン登場。
シューマン「幻想小曲集」第1曲【夕べに】。ああ、なんという美しい音、優しく語りかけるような音。
昔キーシンのことを「指のよく回るピアニスト養成ギブス」なんてあだ名をつけた自分が恥ずかしいです。
うっとりして息をするのも忘れてただ聴き惚れました。

少し残念だったのは、幻想小曲集の途中から調律が少し狂いだしたこと。
ノヴェレッテに至る頃にはかなり音が狂って和音が濁ってしまいました。
キーシンの激しいタッチにピアノが耐えられなかったのか、あるいはお天気のせいなのか、それともあの会場のピアノが悪いのか・・・。

もちろんキーシンの演奏は極上で、私如きが言葉でその感動を表すことは出来ません。
苦手なシューマンが身近に感じられ、「私もノヴェレッテ練習しよう」と決意したほどです。


休憩中に調律をしていよいよ後半はショパンのバラード。
CDよりも、ヴェルビエよりも、ザルツブルグよりも更に進化し熟成されたバラード。
先月ワルシャワで聴いたショパンコンクールの記憶がすっ飛んでしまいそうなバラード。
もう~、こんなすごい演奏を聴いたらこれから先バラードを聴けなくなる~~~!

・・・ところがなんと! 第1番の最後のオクターヴ下降スケールが終わった瞬間に誰かが「ブラボー」と叫んで拍手したんです。
まだ曲終わってないやん! キーシンまだ弾いてるやん!
これが噂のフライングブラボーというやつですか?
もうびっくりして心臓が止まるかと思いました。
キーシンは苦笑いしてたけど・・・。

ブラボーおやじはしつこくバラード3番でも曲が終わる直前、キーシンが最後の和音を弾くかどうかの瞬間に「ブラボー!」
(なぜか2番ではフライングブラボーなし)
ちょっとちょっと~、どこの誰か知らんけどなんちゅうことするん?
最初に「今日の演奏は録音します」って言うてはったやん。ちゃんと聞いてたん?

バラ4は、以前聴いたツィメルマンの爆演がいつまでも耳の奥に残っています。
爆演も爆演、ツィメ様最後から3つ目の和音をミスタッチして思いっきりDurになって「明るく終わってどうするんですか、ツィメ様!」とツッコミを入れながら聴きました。
昨日のキー様はあの時にツィメ様に勝るとも劣らない迫力ある素晴らしい演奏で、さすがのフライングブラボーおやじも圧倒されたのでしょう。
演奏が終わって一瞬の間があってからじわじわと拍手が沸き起こり、会場全体を揺るがすような拍手喝采になりました。

これはハンガリーだけでしょうか。
拍手のタイミングを皆で揃えてゆっくりとパン、パン、パンと手を叩き、そのテンポを少しずつ速めます。
(上手く説明できませんがお分かりいただけるでしょうか?)
カーテンコールに応えるキーシンは物珍しそうな表情でした。

アンコールは3曲。
ワルツcis‐moll op.64-2
ワルツEs-dur op.34-1 (華麗なる円舞曲)
スケルツォ第2番

最後は客席全体がスタンディングオヴェイションでした。


さて、ここからミーハーネタです。
かねてから懸念のキーちゃんの髪の毛。
ステージに登場した時は落ち着いて(キーちゃんとしては)小さくまとまっていました。
演奏中も大爆発には至りませんでしたが、髪の一部だけが小爆発。
その姿はまるでアトム? トサカ? サイクリング用ヘルメット?
可笑しかったのが、拍手に応えて舞台に登場したキーちゃんが髪の毛を気にして何度も手で押さえていたことです。
そんなん気にせんでええのに。(笑)

それと、演奏中に何度か手で顔の汗を拭う場面があったのですが、汗を拭った手でピアノを弾いて滑らないんでしょうか?
それよりもなぜハンカチで拭かない?
ハンカチ用意してあげて下さい、ママ。

演奏が終了したのは夜10時頃でしたが、なんとなんとキーちゃんはその後ロビーでサイン会!
どんなけ体力あんねん~~~!
ミーハーな私はTwitterで知り合ったキーシンファンの方々とのお約束を遂行すべく列に並びました。
「いつか夜のガスパールを聴かせて下さい」
「はい、いつか弾きます」
「いつか」っていつですか~、キー様?

それと、遠目には気付かなかったのですがサインをいただく時に気付いて目が釘付けになりましたよ。
f0021504_5574376.jpg




グランドピアノ柄ネクタイ!(写真が小さいけどわかりますか?)

それにしても、日常生活の延長上でキーちゃんを聴くとなかなか夢の世界から戻ってこられませんね。
私はウィーンでシューベルトのB-dur(D.960)を聴いて以来のファンで、日本では聴いたことが無かったのでこれまでのキーシン体験はいつもウィーンでした。
ウィーンに行って観光したり美味しいものを食べたり、その延長上に演奏会があって、演奏会の後はホテルで寝るだけ。
翌日も朝食はホテルだし、その後ものんびり過ごせるのに、昨日普通に仕事→帰宅→夕食の支度→コンサート会場に駆けつけ、今日もいつも通り仕事に行ったものの、今でもまだキーシンの世界から現実世界に戻ってこられません。
しばらくこのままぼ~っとした日が続きそうです。





<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-19 05:58 | 音楽、観劇 | Comments(14)

楽しいキーちゃん

キーちゃんのファンサイトにザグレブ音大の学生との質疑応答の動画が載っています。

キー様はユーモアのセンスがあるのか、はたまた天然なのか?
なかなか面白いですよ。
取り急ぎお知らせまで。


<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-14 23:05 | 音楽、観劇 | Comments(4)

再契約

ドナウ猛虎会が応援する田中慎太朗選手が育成選手として再契約されました。(ソース)
来年は4年目、もうほんまに後がないでぇ~!
絶対に支配下登録選手にならなあかん、頑張れ田中慎太朗君066.gif


ところで全然関係ないんですけど・・・

f0021504_4592025.jpg


演奏の真っ最中に髪を直すキーちゃん。
これは去年5月のモスクワ公演の映像ですが、髪が大爆発ですね。(笑)
今年に入って妙に落ち着いている髪。
爆発していた頃は「ちょっと切ればいいのに」と思っていたけれど、爆発しなくなるとなんだか物足りません。
来週ブダペストで大爆発するでしょうか?


<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-12 05:01 | 野球、スポーツ | Comments(12)

今日のお昼 ファシールト

ファシールト(Fasírt)はハンガリー風ハンバーグです。
ハンバーグの作り方なんてわざわざ載せるほどではありませんが、実はこれ結婚直後に夫の母に手取り足取り教えてもらった料理です。
恥ずかしながら私は結婚するまでずっと実家住まいで、ほとんど家事をしたことがありませんでした。
お料理上手だった義母は、「こんな人に大事な息子を任せて大丈夫かしら?」と不安でいっぱいだったに違いありません。


【材料】
ひき肉* (darált hús) 500g
タマネギ (hagyma) 1個
ニンニク (fokhagyma) 2カケ
卵 (tojás) 1個
ジェムレ** (zsemle) 2個

調味料 塩、コショウ、パプリカ

*ひき肉は豚肉を使うのが一般的ですが、我が家では義母の教えを守って鶏肉で作ります。
**ジェムレは丸いパン↓ 
f0021504_3583226.jpg
牛乳を使わず作るので牛乳アレルギーの人が食べても大丈夫です。


【作り方】
①タマネギはみじん切り、ニンニクはつぶすかみじん切り。
②ジェムレはぬるま湯につけてしばらく置く。水を吸って柔らかくなったら絞って水気を切る。
 私はそれを肉ひき器にかけますが、無ければ手で小さくつぶして下さい。
③材料を全て合わせてよく混ぜ、調味料で味付けする。
 パプリカを多めに(小さじ1~2杯)入れるとハンガリー風になります。
④お団子にしてたっぷりの油で揚げて出来あがり。
 パン粉(zsemlemorzsa、ハンガリーのパン粉は顆粒状になっています)を軽く衣付けすれば崩れにくくなります。

f0021504_454969.jpg


我が家のハクション大魔王(別名アザラシ、又の名を夫)の大好物です。

**************

日本シリーズはロッテの勝利で幕を閉じました。
それにしても両チームとも勝利への執念がすごかった!
これは是非見習わないといけません。特に監督、頼んまっせ!





<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-08 04:21 | 食べ物 | Comments(6)

クラクフ

ポーランドから帰ってきて2週間も経ったのに、まだクラクフのことを書いていなかったので簡単に。

スロヴァキアとの国境に近いGorliceでの結婚式に出席した翌日、私は一人でクラクフに向かいました。
国全体が平坦なポーランドですが、南部は山が多いです。
クラクフ行きのバスから見た景色。



前回クラクフを訪れたのは学生時代、今からン十年前のことです。
その頃とはずいぶん変わっただろうと思いましたが、旧市街は古い建物が修復されてはいたものの、昔の雰囲気がそのまま残っていました。

旧市街は鉄道駅、バスターミナルのすぐ近く。
駅前に大型ショッピングセンターが出来ていて驚きました。
スタバもカルフールもあるやん!




旧市街への入口↓
f0021504_4501090.jpg


旧市街。クラクフは長きに渡ってポーランド王国の首都でした。日本で言えば京都のような街です。
f0021504_4552253.jpg


中央広場の織物会館。
f0021504_4574575.jpg


織物会館の中はお土産物屋さんがいっぱい。
f0021504_459578.jpg


同じく中央広場にある聖マリア教会。
f0021504_512842.jpg




この中央広場からヴァヴェル城まで、学生時代に訪れた時はものすご~~~く歩いた記憶があるのですが、実際は徒歩で10分もかかりませんでした。
なぜ???
学生時代に同行した友人(ポーランド人、ワルシャワっ子)が道を知らなかったのでしょうか?(笑)

ヴァヴェル城。

f0021504_564650.jpg

f0021504_572799.jpg


場内にはローマ法王ヨハネ・パウロ2世の像が。前法王はクラクフの司教でした。
f0021504_583517.jpg





旧市街を歩いていたら急に目に飛び込んできたのが・・・
f0021504_593953.jpg


Etterem! 正確にはÉtterem、ハンガリー語でレストランのことです。
なんとクラクフにハンガリーレストランがあるとは!
一体どんな料理が出てくるのか気になって入ってみようかとも思いましたが、なんでわざわざここでハンガリー料理食べなあかんねん! と思い直して素通り。
夫は「パプリカの代わりにディルをたっぷり使ったハンガリー料理もどきが出てきたはずだ」とうるさいです。
(ポーランド料理では「これでもか!」と思うほど頻繁に、かつ大量にとディルを使います)


【おまけ】 ワルシャワ、ワジェンキ公園(ショパンの像がある公園)の水上宮殿。
f0021504_5222196.jpg


ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの夏の離宮です。

******************
田中慎太朗君が自由契約007.gif
育成で3年経ったから一旦は自由契約になるけどすぐ再契約してもらえるらしい、とTwitterで教えていただいたのですが、まだ「再契約した」との情報が入ってこないので不安です。
お願いですからもう1年チャンスを与えて下さい~!


<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-04 05:31 | Comments(6)

フランツ・リスト室内管弦楽団定期演奏会 第2回

今日(10/31)から冬時間。日本との時差は8時間。
夜が長くなります。
長い夜の楽しみはコンサート060.gif
フランツ・リスト室内管弦楽団(以下LFKZ)の今シーズン2回目の定期演奏会に行ってきました。

2010. október 29. péntek - 19.30 óra LFKZ bérlet-2.
Grieg: Holberg-szvit
Orbán György: Búcsú Rasumoffsky gróftól
Farkas Ferenc: Concerto all’Antica
Fenyő László – gordonka
Csajkovszkij: Pezzo capriccioso
Dvořák: E-dúr szerenád, op. 22

この秋の定期はハンガリー若手演奏家との共演。
今回はチェロのFenyő László(フェニュー・ラースロー、姓・名の順に記載)をソリストに迎えてのコンサートでした。

フェニュー君のことは結婚して間もない頃、当時リスト音楽院に留学していた日本人から「すごいチェリストがいる!」と聞いていて、よく演奏も聴きに行きました。
以前からドイツを本拠地に活動し、昨年からはフランクフルトで教鞭も取るようになったのでハンガリーでの演奏会は久しぶりです。

3曲目のファルカシュ・フェレンツの曲の演奏が始まって「あ、この曲知ってる~」と思ったら、先月聴いた曲じゃないですか~!
あの時は阪神の自力優勝消滅、矢野さんの引退セレモニーなのに矢野さんの出場機会なしという、史上最悪どん底の試合のせいで意気消沈していたところをペレーニのチェロが優しく温かい音色で癒してくれました。
今回のフェニュー君は楷書ですっと背筋が伸びるような演奏でした。
休憩後のチャイコは技巧を惜しみなく披露。
もう「若手」ではなく頼もしい中堅チェリストですね。
来年もブダペストで演奏する予定なので今から楽しみです。


ところで前回の定期で共演したバラーティ君、今日バルトークラジオで知ったのですが、なんとモスクワで開かれた第6回パガニーニコンクールで見事優勝したそうです!
こちらはハンガリー語の記事ですが、バラーティ君のインタヴューが載っています。
・・・っていうかバラーティ君コンクール受けてたんや~。もう演奏家としてキャリアも積んでいるのに。


冬時間初日の今日の午後は好天で15℃程ありました。
これ、何だかわかりますか?
f0021504_0423897.jpg


アップにすると・・・
f0021504_0432446.jpg

鳩が行水しています。そんなに暑いんかい!(笑)


えーっと、ポーランドの写真がまだあるんですけど、また近いうちに載せます。






<この下に広告が入ることがあります。
 エキサイトブログが勝手に入れる広告なので無視して下さい>

[PR]
by ballade4fmoll | 2010-11-01 00:46 | 音楽、観劇 | Comments(0)


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

新しい地図
at 2017-09-25 19:18
こんなんおった
at 2017-09-10 04:05
しつこくZed
at 2017-08-28 23:11
Zed
at 2017-08-21 18:53
新しい家族
at 2017-08-15 17:47

最新のコメント

> Yozakuraさん..
by ballade4fmoll at 18:58
赤白緑さま  無沙汰し..
by Yozakura at 16:33
> ぶーちゃんさん 庭..
by ballade4fmoll at 20:26
> はげみさん 楽しみ..
by ballade4fmoll at 20:21
バラードさま お久しぶ..
by ぶーちゃん at 15:43
バラード様 ありがとう..
by はげみ at 16:42

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧