カテゴリ:音楽、観劇( 250 )

リスト チャリティコンサート

2018.05.18. Duna Palota Színházterem

f0021504_21303996.jpg

Liszt: Les préludes- szimfonikus költemény, S.79.;
Liszt: A-dúr zongoraverseny, S.125.;
Rachmaninoff: 2.c-moll zongoraverseny, Op.18.

Közreműködnek:
Borbély László, Polgár Éva - zongora;

a Duna Szimfonikus Zenekart vezényli: Vásáry Tamás
f0021504_02064157.jpg

このコンサートは友人のÉva主催のチャリティーコンサートで、ロサンジェルスで開催されるリスト国際ピアノコンクールに出場するハンガリーの若手ピアニストを支援すべく、コンサートの入場料を奨学金として与える由。
Éva自身もLAの2012年にLAのリストコンクールで優勝し、以来アメリカで演奏活動に励みつつ後進の指導にあたっています。

そういえば彼女との出会いもとあるチャリティーコンサートでした。
当時リスト音楽院の学生だった彼女の演奏を聴いて感動し、声をかけたのがきっかけで始まったお付き合い。
我が家で連弾の相手をしてもらったり、贅沢な経験をさせてもらいました。

あの女の子が若手の応援をするようになったのね~と胸にグッとくる想いを抱えながら演奏を堪能しました。
アンコールもラフマニノフ(音の絵 op. 33-8, g-moll) でした。

Borbély László君のリストは絶品でした!
よく演奏会を開いているのですが、メシアンがお得意のレパートリーのようで、私はあまり積極的に聴きたいと思わないので、長いこと演奏を聴いてなかったのですが、いや~、スカッとする切れ味鋭いリストでした。
アンコールの「森のささやき」もよかったなぁ。

[PR]
by ballade4fmoll | 2018-05-21 02:13 | 音楽、観劇 | Comments(0)

バラーティ君のモーツァルト

ÖSSZKIADÁS ÉLŐBEN
Mozart összes hegedűversenye
Baráti Kristóf és a PKF – Prague Philharmonia
ZENEAKADÉMIA NAGYTEREM

I.
2018.04.14 19.30
Mozart:2. (D-dúr) hegedűverseny, K. 211
Mozart:E-dúr adagio, K. 261
Mozart:C-dúr rondó, K. 373
SZÜNET
Mozart:4. (D-dúr) hegedűverseny, K. 218
f0021504_16232247.jpg
私にしては珍しく1階(földszint)の真ん中あたりの席でした。
音がちょっと乾いた感じで、やっぱり私は2階正面席が好きだと改めて感じた次第。
アンコールはイザイのObsession(無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番の第1楽章)
先日のパユのバディネリでも感じたことですが、アンコールで何度も聴いた曲でも決して「またか」と思うことがなく、毎回新鮮で新しい発見があります。

II.
2018.04.15 19.30

Mozart:1. (B-dúr) hegedűverseny, K. 207
Mozart:B-dúr rondó, K. 269
SZÜNET
Mozart:Esz-dúr sinfonia concertante, K. 364
Baráti Kristóf (hegedű); Szűcs Máté (brácsa)

f0021504_18091358.jpg
この日はいつもの2階正面席(középerkély)最前列。
前夜と同じ演奏者とは思えないほど音がまろやか169.png162.png
やっぱりリスト音楽院はこの席が一番好きです。
アンコールはコンチェルタンテの最終楽章でした。
ヴィオラのSzűcs Mátéはベルリンフィルの首席ヴィオラ奏者です。


16日のIII. は都合が付かず聴きに行けません。


近所で見かけたモクレン。
f0021504_04345302.jpg

[PR]
by ballade4fmoll | 2018-04-16 18:15 | 音楽、観劇 | Comments(0)

エマニュエル・パユ&フランツ・リスト室内管弦楽団

自分用メモ

2018.04.08. 19:30
Zeneakadémia

Liszt Ferenc Kamarazenekar, Emanuel Pahud (fuvola)

C. H. Graun: C-dúr szimfónia
II. (Nagy) Frigyes: G-dúr szimfónia, No.1
J. J. Quantz: G-dúr fuvolaverseny QV5:174
*****
F. Benda: A-dúr szimfónia L1.8
C. Ph. E. Bach: B-dúr vonós szimfónia, Wq 182/2
C. Ph. E. Bach: d-moll fuvolaverseny, Wq 22

アンコール
J. S. バッハ 管弦楽組曲h-mollからバディネリ
C. Ph. E. バッハ d-moll 最終楽章

f0021504_19271980.jpg
f0021504_20010645.jpg

[PR]
by ballade4fmoll | 2018-04-09 20:01 | 音楽、観劇 | Comments(0)

キーシンの新譜


キーシンの新譜がやっとやっと発売されます。
ドイツグラモフォンからベートーヴェンのソナタ集です。

詳細は
Beethoven:
Piano Sonata No. 3 in C major, Op. 2 No. 3
  Seoul, 2006
Piano Sonata No. 14 in C sharp minor, Op. 27 No. 2 ‘Moonlight'
  New York, 2012
Piano Sonata No. 23 in F minor, Op. 57 'Appassionata'
  Amsterdam, 2016
Variations (32) on an Original Theme in C minor, WoO 80
  Montpellier, 2007
Piano Sonata No. 32 in C minor, Op. 111
  Verbier, 2013
Piano Sonata No. 26 in E flat major, Op. 81a 'Les Adieux'
  Vienna, 2006

おお~、ウィーンで聴いた告別が収録されてる~~~!

あの時の感動を再び! メッチャ楽しみです♬




2011年3月~2014年7月の記事はBloggerに掲載しています。
http://ballade4fmoll.blogspot.com

[PR]
by ballade4fmoll | 2017-08-05 04:29 | 音楽、観劇 | Comments(0)

パユ様

念願のパユ様とル・サージュのデュオを聴いてきました。

2017.05.29 19.30
Zeneakadémia Nagyterem

Emmanuel Pahud és Eric le Sage

Mozart: 17. (C-dúr) hegedű-zongoraszonáta, K. 296 (Emmanuel Pahud átirata)
Schubert: Bevezetés és variációk az Elszáradt virágok című dal témájára, D. 802

Schumann: Fantáziadarabok klarinétra és zongorára, op. 73 (Emmanuel Pahud átirata)
Mendelssohn: F-dúr hegedű-zongoraszonáta, op. 4 (Emmanuel Pahud átirata)

f0021504_16343690.jpg
会場のリスト音楽院大ホール。
今回は2回正面席の右手(Középerkély jobb)で、ちょうどピアノの音がすっと飛んできてとてもいい席でした。

パユ様のブダペスト公演は多分全て聴いていると思います。
直近は3年前のハチャトゥリアンかな。



ル・サージュのソロも一度だけ聴きました。


これまでパユ様の演奏はオケへの客演でコンチェルトしか聴いたことがなかったので、いつかル・サージュとのデュオを聴きたいと願っていました。
長い間の願いがかなって夢のような一夜でした。

プログラムはシューベルト以外はヴァイオリン用の原曲をパユ様がフルート用にアレンジしたもの。
長年の共演で息の合った二人の演奏は「素晴らしい」の一言!
うっとり聴き入って夢の世界に連れて行かれたまま、今でもまだ現実の世界に戻ってこられません。

本プロがドイツものばかりだったので、アンコールはフォーレを2曲。
子守唄とシチリアーノでした。

ああ、またこの二人に来てほしい~~~!


それにしても演奏中の携帯が半端なかった!!
なぜ電源を切らないんだ!!!!!



2011年3月~2014年7月の記事はBloggerに掲載しています。
http://ballade4fmoll.blogspot.com
[PR]
by ballade4fmoll | 2017-06-01 00:13 | 音楽、観劇 | Comments(0)

ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲

ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲が大好きです。

今までずっとオイストラフ盤を愛聴してきました。

この曲はオイストラフのために書かれた曲。
まさに王道169.png
これさえあれば他に何もいらん、ご飯何杯でもいける! 名演奏です。

ところが先日コーガンの演奏を発見し、聴いてみたらこれがまた素晴らしい!

気品があって、オイストラフと甲乙つけ難い名演です。

ここのところ毎日この二つを聴き比べて「さすがオイストラフ!」、「コーガンええわぁ~」と、どっぷりはまってます。


で、関連動画にすごいものが!!



ハイフェッツのマスタークラス!!!
鉛筆でカンカンカンとリズムを刻むのがメッチャ怖いです。149.png
こんなんされたらよう弾かん~~~!
たまに見せる模範演奏の素晴らしいこと。
全曲通して聴いてみたかったです。


こちらはパユ様演奏のフルート版。



実演を聴いたことがありますが、鳥肌ものでした~~~!!!



2011年3月~2014年7月の記事はBloggerに掲載しています。
http://ballade4fmoll.blogspot.com

[PR]
by ballade4fmoll | 2017-05-17 00:54 | 音楽、観劇 | Comments(4)

ポゴ様

IVO POGORELICH ZONGORAKONCERTJE
2017. április13., 19.30
Zeneakadémia — Nagyterem

Liszt: Dante-szonáta
Mozart: c-moll fantázia, K 475

Schumann: Bécsi karnevál op. 26
Rachmaninov: 2. (b-moll) szonáta, op. 36


ブダペスト春の芸術祭の一環。
ポゴレリッチは初来日とその次に来日した時に聴いて以来なので30年ぶり? いや、それ以上?
とにかく久しぶりに聴くポゴ様はとても楽しみでした。

演奏の順番が入れ替わり、前半がリストとシューマン、後半がモーツァルトとラフマニノフでした。

昔から独特の演奏をする人でしたが、最近は「テンポ設定がユニーク」とか「ものすごくゆっくり弾く」と聴いていたので、どんなものかと楽しみと不安が同居していたのですが、最初の曲「ダンテを読んで」は私も練習している曲なのでとても説得力がありました。
何と言えばいいのでしょう、「この曲はこういう構成ですよ」、「この音が重要です」、「この響きをちゃんと聴いていますか?」とレッスンを受けているような感じがしました。

それは他の曲でも同様です。
「え? なんでこの音こんな伸ばすん?」、「なんでここでテンポ落とすん?」とドキッとした直後に「ああ、なるほど」と納得させるものがあり、とてもユニークでやはり素晴らしい演奏でした。

アンコールはシベリウスの「悲しきワルツ」。
これも独特のテンポで初めて聴く曲のような新鮮さがありました。

f0021504_16595827.jpeg
(2階ロビーに大きなヘレンドの壺がありました)

ところでここからミーハーネタです。
開場後もステージ上でピアノを弾いている小汚い(失礼)おっさんがいて、最初は調律師の方かと思ったのですが、なんとポゴ様ご本人でした。
ジャージ姿で、裾ははみ出てるし、なんちゅう格好やねん!
本番はビシッと正装で別人でした。(笑)

それと、全部楽譜を見て演奏するのですが、楽譜って演奏家にとってはとても大切なはずなのに、次の曲の楽譜をバサッと床に投げるし!
そして床の楽譜の位置が気に入らなくて足で動かすし!!
アンコールを弾いた後、椅子を足で蹴るようにして(!!)ピアノの下に入れてるし!!!
演奏以外もとてもユニークでした。
っていうかポゴ様お行儀悪いですよ。(苦笑)

また近いうちにブダペストにお越しいただきたいです。
昔日本で聴いた「夜のガスパール」が忘れられないので、次回は是非弾いてほしい~169.png



2011年3月~2014年7月の記事はBloggerに掲載しています。
http://ballade4fmoll.blogspot.com

[PR]
by ballade4fmoll | 2017-04-14 17:16 | 音楽、観劇 | Comments(0)

キーちゃん結婚おめでとう🎉

キーちゃんが幼なじみと結婚❗

おめでとう、キーちゃん❗
もしかして一生を音楽に捧げて独身なんやろか?
ピアノもいいけど一人の男としての幸せを手に入れる気はないんやろか?
ママとセンセが許しくれへんのやろか?
…と心配していたので(大きなお世話)、おばちゃん嬉しいよ。

来年のリサイタルがますます楽しみです🎵

2011年3月~2014年7月の記事はBloggerに掲載しています。
http://ballade4fmoll.blogspot.com

[PR]
by ballade4fmoll | 2017-03-12 23:25 | 音楽、観劇 | Comments(0)

やっぱりショパン

私は子供の頃からショパンの曲が大好きで、ショパン好きが高じて学生時代に何度もポーランドを訪れました。
あまりにもショパンの曲ばかりに浸っていた反動か、この数年はショパンとはちょっと距離を置いていたのですが、ここに来てまたショパンにどっぷりはまっています。
今弾いているのは「アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ」。
これを「アンスピ大ポロ」と略すと知った時は驚きのあまり軽い眩暈がしました。(笑)

ポロネーズはルービンシュタインが好きなのですが、このトリフォノフ君の演奏いいですね。
この人は本当に楽しそうにピアノを弾くなあ~。
ファツィオリの音が華麗で素敵!



他にマズルカを何曲かその時の気分で弾いています。
ポロネーズもマズルカも、弾くと目の前にポーランドの風景が浮かんできてホームシックのような感情に襲われます。
ああ~、ポーランドに行きたい!


2011年3月~2014年7月の記事はBloggerに掲載しています。
http://ballade4fmoll.blogspot.com

[PR]
by ballade4fmoll | 2016-12-14 01:33 | 音楽、観劇 | Comments(0)

コチシュ先生

11月19日にコチシュの告別式がリスト音楽院にて執り行われました。
ピアニストとして、指揮者として、作曲家として、そして教師としても大活躍したコチシュの死はハンガリーに深い悲しみをもたらしました。

後進を指導するコチシュの動画がありましたので以下載せます。











2011年3月~2014年7月の記事はBloggerに掲載しています。
http://ballade4fmoll.blogspot.com

[PR]
by ballade4fmoll | 2016-11-21 18:27 | 音楽、観劇 | Comments(2)


ハンガリー人の夫とブダペストで暮らす関西人のひとりごと


by ballade4fmoll

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

自己紹介
ハンガリーあれこれ
ブダペストの風景
食べ物
野球、スポーツ
音楽、観劇
映画
言葉

日本
乗り物
よもやま話
生き物

最新の記事

こんなん売ってた!
at 2018-07-02 00:55
古いピアノ
at 2018-05-23 16:07
リスト チャリティコンサート
at 2018-05-21 02:13
バラーティ君のモーツァルト
at 2018-04-16 18:15
エマニュエル・パユ&フランツ..
at 2018-04-09 20:01

最新のコメント

> さくらさん コメン..
by ballade4fmoll at 05:10
balladeさん、もう..
by さくら at 10:44
> おぐさん コメント..
by ballade4fmoll at 16:17
> sachanさん ..
by ballade4fmoll at 16:10
バラードさん、こちらもお..
by おぐ at 07:15
balladeさん ご無..
by sachan at 00:05

以前の記事

2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

お気に入りブログ

外部リンク

メールアドレス

055.gif ballade4fmoll@gmail.com

ASPアクセス解析

検索

ブログパーツ

結婚相談所
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用しないで下さい。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活

画像一覧